今回は「損をしない失業手当のもらい方」と題して、

会社を退職する前に確認してほしいこと
失業手当をもらうときの手続き
失業手当の支給額の確認方法
途中で再就職が決まったとき
失業手当の受給終了後でももらえる給付金など、

このブログに掲載している記事の中からピックアップしてまとめてみましたので、これからハローワークで失業手当をもらう手続きをする人がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

会社を退職する前に確認してほしいこと

ハローワーク 失業手当受給

ここでは、失業手当をもらう条件について、できれば退職前に確認してほしい記事をまとめてみました。

雇用保険に加入していない場合

失業手当をもらうためには会社で雇用保険に加入し、保険料を納める必要がありますが、「会社で雇用保険に加入していなかったから、失業手当はもらえない」という人もいると思います。


まだ、諦めないでくださいね!


雇用保険は(退職してからでも)過去にさかのぼって加入することができ、皆さんと同じように失業手当を受給することができます!


詳しくは、こちらの記事にまとめていますので、よろしければ確認してみてください。

雇用保険に未加入!過去にさかのぼって加入して失業手当を全額もらう方法


受給資格の確認

失業手当は、雇用保険に加入しているだけではもらうことができません!


失業手当をもらうためには、雇用保険に一定期間加入している必要がありますので、受給資格をクリアしているか?できれば退職前に確認しておきたい項目です。

失業手当は雇用保険に何ヶ月間加入していればもらえるの?受給資格を確認

<失業手当の受給資格>12ヶ月以上とは?雇用保険加入期間の確認方法


また、失業手当がもらえる日数は、雇用保険の加入期間や年齢、離職理由によって決まります。

「あと数日会社に残っていれば、プラス30日分受給できたのに・・・」ということがないように、こちらも退職前に確認してほしい項目です。

失業手当がもらえる期間は?1円でも多くもらうために所定給付日数を確認


失業手当の受給期間延長

失業手当の受給期間は、離職日の翌日から1年間です。


ですが、中には「妊娠、出産、育児」、「病気、ケガ」、「身内の介護」、「定年退職後しばらく休養したい」などが理由で、すぐに働くことができない人もいると思います。


このような場合は、失業手当をもらう期間を先延ばして、あとで受給することできる制度が用意されています。


詳しくは、こちらの記事で解説していますので、よろしければ確認してみてください。
失業手当の受給期間延長はいつからいつまで?申請タイミングと期限を確認

定年退職後に失業手当を受給する方は、こちらの記事を参考にしてみてください。
<定年退職したときの失業手当>離職理由は会社都合?それとも自己都合?


失業手当と扶養の関係

会社を退職後、親や夫(妻)の扶養に入ることを考える人も多いと思いますが、残念ながら失業手当をもらっている間は、扶養に入ることができないケースが多いです。


それは、失業手当は税金の面では収入としてカウントされませんが、社会保険の面では収入と見なされるからです。


そこで、こちらの記事では、失業手当もらいながら扶養に入れる人の条件(協会けんぽの場合)をまとめています。


また、「失業手当をもらうべきか?扶養に入るべきか?」迷っている人へ、どちらが得なのか?も計算していますので、よろしければ参考にしてみてください。

失業手当をもらうと扶養に入れない!?失業手当と扶養はどっちがお得?

スポンサーリンク

失業・退職したときにハローワークで行う手続き

失業手当を初めてもらうという人の中には「何から手続きをすればいいか?」順序がわかならないという人もいると思います。


そこで、退職してからのスケジュールを下の表で確認しておきましょう。

失業手当 振り込まれるまでの流れ

ハローワークに持参する書類と初回手続きの内容

退職後、1週間~10日前後で前の会社から「離職票-1.-2」が自宅に郵送されてきます。(取りに行く場合もあります。)


この離職票を持ってハローワークで失業手当をもらう手続き(初回)を行いますが、中には、「離職票が届かない!」という人もいると思います。


こちらの記事では、離職票が届かないときの対処法をまとめていますので、参考にしてみてください。
退職後に離職票が届かない!郵送されるまでの期間と届かない時の対処法

離職票には、在職中にもらっていた給与や離職理由が記載されていて、この情報をもとに失業手当の支給額や支給期間が決まる重要な書類です。


離職票が届いたら給与額や離職理由を確認し、本人が記入する項目を埋めてください。
失業手当の受給手続き!ハローワークに提出する離職票1・2の書き方

離職票の記入が終わったら、いよいよハローワークで失業手当をもらう手続きです。


退職後、最初にハローワークで行う手続きの内容とそのときに持参するもの(必要書類)をまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。
失業手当の申請!退職後ハローワークに持参するものと初回の手続き内容

求職活動が必要です!

失業手当の受給手続きが完了したら、「あとは失業手当が振り込まれるのを待つだけ!」というわけにはいきません。


失業手当をもらうためには、原則4週間に1回、決められた日にハローワークで失業の認定を受ける必要があります。


このとき、失業認定日の前日までに行った求職活動の実績を報告する必要があります。


失業手当をもらう条件の中には、「積極的に就職する意志がある人」とありますので、次の認定日の前日までにハローワークでの職業相談や企業への応募または面接などを行うようにしてください。


こちらの記事では、「失業認定日の前日までに必要な求職活動の回数」「求職活動を忘れた場合はどうなるのか?」などについて確認することができます。


また、過去の私のように、うっかり求職活動するのを忘れてしまった人も、よろしければ参考にしてみてください^^
失業認定うっかりミスで求職活動が足りない!前日に実績2回を作る方法

失業手当と内職(アルバイト)

失業手当の受給期間中に内職やアルバイトをしたいけど、ハローワークの説明会で聞いてもよくわらないし、失業手当の金額を減らされるみたいだからやめておこうと、諦めている人もいると思います。


そこで、こちらの記事では「いくらまでなら内職で稼いでも失業手当は全額もらえるのか?」内職をしながら失業手当を全額もらう方法をまとめています。

失業手当、内職しながら全額もらう方法!受給中に稼いでいい金額は?

スポンサーリンク

失業手当はいくらもらえるの?

「失業手当って、実際いくらもらえるのか?」

失業手当の支給額は、「およそ退職前6ヶ月間の平均給与の80%~50%」と言われていますが、できれば正確な金額を把握しておきたいですよね。


そこで、こちらの記事では、失業手当の支給額の調べ方や計算方法についてまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。
ハローワークの失業手当はいくらもらえるの?支給額の計算方法を確認

65歳以上の人は「高年齢求職者給付金」
現在は、65歳以上の人でも雇用保険に加入することができるようになり、退職後(条件を満たせば)何度でも失業手当が受給できるようになっています。
65歳以上の失業手当「高年齢求職者給付金」はいつ?いくらもらえるの?

失業手当が振り込まれるまでの期間もチェックしておきたい項目ですね。

こちらの記事では、失業手当(初回)の振込までの流れや期間について確認することができますので、よろしければ参考にしてみてください。
失業手当の初回っていつもらえるの?退職してから振込までの日数を確認

途中で再就職が決まったら?

失業手当をもらっている期間(受給期間中)に再就職が決まった場合は、ハローワークから再就職手当が支給される場合があります。

再就職手当のもらい方

「再就職手当は、実際いくらもらえるのか?」こちらの記事では、計算方法や支給条件を確認することができますので、よろしければ参考にしてみてください。
ハローワークの再就職手当はいつ?いくらもらえるの?計算方法と支給日数

その再就職手当の申請方法については、こちらの記事にまとめています。
ハローワーク再就職手当の申請方法と支給申請書の書き方を記入例で確認

再就職手当には、もう一つセットで付いてくる手当があるのをご存知ですか?


それは、就職した会社の給与が以前よりも減った場合にもらうことのできる手当「就業促進定着手当」です。これから再就職手当をもらう予定のある人は、是非チェックしてみてください。

就業促進定着手当のもらい方

再就職後に新しい会社の給与が前職の給与より少なくなった場合は、ハローワークから「就業促進定着手当」が支給される場合があります。


就業促進定着手当の支給条件や支給額の計算方法については、こちら記事で確認することができます。
就業促進定着手当っていくらもらえるの?支給額の計算方法と申請期限

また、就業促進定着手当の申請方法については、こちらの記事で確認することができますので、参考にしてみてください。
就業促進定着手当の申請方法と支給申請書の書き方を記入例で確認!

失業手当の受給が終了してももらえる給付金

ハローワークには雇用保険に加入していない場合でも、失業手当のように毎月一定の給付金を受け取ることができる制度があるのをご存知ですか?


この制度は「求職者支援制度」といって、職業訓練を受ければ、毎月一定の給付金(職業訓練受講給付金)をもらうことができるお得な制度です。


こちらの記事では、求職者支援制度の職業訓練受講給付金について、支給条件や支給金額、申込方法から職業訓練受講給付金を受け取るまでの流れなどをまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。
いざというときに役立つ求職者支援!失業手当終了後も給付金をもらう方法

雇用保険の追加給付のもらい方!
厚生労働省は、雇用保険などの過少給付問題で、2004年(平成16年)以降に雇用保険(失業手当など)や労災保険などの給付を受けた方で、本来もらえる額より少ない額が支給されていた方に対し、不足分を追加で支払うことを決定しました!

そこで、こちらの記事では、雇用保険関係の追加給付についてまとめてみましたので、過去(2004年~現在まで)にハローワークで手当などを受給したことがある方は、ぜひチェックしてみてください。

<雇用保険の追加給付>いつ、いくらもらえるの?支給額と対象者を確認

スポンサーリンク