「年金の手続き」の記事一覧

<国民年金免除の臨時特例>所得の申立書の書き方を記入例付で解説

年金の手続き
年金免除 臨時特例 所得申立書書き方

新型コロナウイルスの影響で収入が減少した人が年金免除の臨時特例を受ける場合は、国民年金保険料免除・納付猶予申請書の他に、「所得の申立書」も記入して提出する必要があります。そこで今回は、「所得の申立書」の書き方について解説します。こちらの記事では、私の住む市区町村で確認した内容をもとに作成した記入例も載せています。

<国民年金の臨時特例>免除される人の条件と免除額の確認方法を解説

年金の手続き
国民年金保険料 免除 臨時特例

現在、新型コロナウイルスの影響で収入が減少した人向けに様々な制度が創設されていますが、「仕事が激減して国民年金保険料が払えない」という場合には、国民年金保険料が免除される「臨時特例」が用意されています。そこで今回は、国民年金保険料免除の「臨時特例」について、免除の条件や免除額の確認方法についてまとめてみました。こちらの記事は、会社でお仕事を依頼しているフリーランスの方から「仕事が激減して国民年金保険料が払えない」という相談を受け、私の住む市区町村に確認した内容をまとめています。

<国民年金>海外へ引っ越しするときの任意加入の手続方法が知りたい!

年金の手続き
国民年金 海外へ引っ越し手続き

国民年金に加入している人が海外へ引っ越しをする場合は転出届を出すと自動的に国民年金の資格を喪失します。つまり、転出手続きをすると、国民年金の加入対象から外れることになりますが、引き続き国民年金の加入を希望する場合は「任意加入」の手続きが必要です。そこで今回は、海外へ引っ越しをするときの国民年金の任意加入の手続き方法について解説していきます。

<2019年4月~>産前産後の国民年金が0円に!免除期間と申請方法

年金の手続き
産前産後 国民年金 免除

平成31年4月1日から、出産をする女性に対し産前産後の国民年金保険料が免除されることになりました!令和2年度の国民年金保険料は月16,540円となっていますが、産前産後期間中は、この保険料がまるまる免除になるという大変お得な制度になっています。そこで今回は、産前産後の国民年金保険料の免除について、免除される期間や申請方法などをまとめました。

<在職老齢年金>退職する場合、年金はいつから満額支給される?

年金の手続き
在職老齢年金 退職

今回は、働きながら年金(在職老齢年金)を受給していた人が、退職するときに気になる「退職後、いつから年金は満額支給されるのか?」や「必要な手続き」について、本日年金事務所で確認した内容をまとめましたので、調べている方がいたら参考にしてみてください。

<定年後の再就職>社会保険に未加入で年金満額受給がバレたらどうなる?

年金の手続き
厚生年金未加入 年金受給

定年後、再就職するときに「社会保険に加入すると年金が減額されるから、社会保険に加入せず働きたい!」と考えている方もいると思いますが、社会保険の加入要件を満たしているのに、社会保険に加入せず、年金を満額受給するという考えはNGです!そこで今回は、「社会保険に未加入で年金を満額受給するとどうなるのか?」についてまとめてみました。

年金受給者のパート・アルバイトはok?年金が減額されない働き方を確認

年金の手続き
年金減額 パートアルバイト

年金を受給している方の中には、これからパートやアルバイトをして収入を増やしたいと考えている方もいると思います。そこで今回は、「年金をもらいながらパートやアルバイトをしてもいいのか?」や「年金が減額されない働き方」についてまとめてみましたので、よろしければ参考にしてみてください。

ページの先頭へ