昨年(令和3年)の確定申告では申告・納付期限が1か月間(一律)延長されましたが、今年(令和4年)の確定申告は、申告期限の一律延長はありませんので、令和4年3月15日(火)が期限となっています。(※消費税は令和4年3月31日(木)まで)

しかし、現在もコロナの影響を受けている方が多く、申告・納税期限に間に合わないという方には、個別に延長が認められ、申告・納税期限を1ヶ月間(令和4年4月15日まで)延長することが可能になっています。

そこで、今回は確定申告の個別延長について条件や申請方法を解説します。手続きは非常に簡単ですので、申告・納税期限(令和4年3月15日)に間に合わないという方はぜひチェックしてみてください。

個別延長できる人の条件

令和4年 納付期限延長

  • 納税者自身が感染したり、外出自粛になった場合
  • 税理事務所等がコロナの影響で通常の業務体制を取れない場合



このような場合は、個別に申請すれば申告期限の延長が可能です。


本日、税務署に確認したところ、証拠書類等は不要ということでしたので、申告期限に間に合わない方は、このあとの申請方法を確認してみてください。

個別延長の申請方法

個別延長の申請方法は、申告方法によって異なりますので、順番に解説していきます。


申告書を書面で提出する場合

申告書の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」記載するだけでokです!(事前に申請書等の提出は不要です。)

(記入例)
令和3年分 確定申告 延長


確定申告書等作成コーナーを利用してe-Taxで提出する場合

「送信準備」画面の「特記事項」欄に、「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力します。

特記事項



消費税及び地方消費税申告書がある方

e-Tax(電子申告)のような「特記事項」欄がないため、「納税地等入力」画面の「納税地情報」欄の「建物名・号室」部分に、「(新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請)」と入力してください。

納税 延長申請


各種会計ソフトを利用してe-Taxで提出する場合

国税庁のシステムを使わない場合は、所得税の申告書等送信表(兼送付書)の特記事項欄に、「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力してください。



消費税の場合は、申告・申請等基本情報の住所欄に、住所に続けてかっこ書きで、「(新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請)」と入力してください。
会計ソフト利用の場合


申請方法は以上となりますが、個別延長した場合の納付期限は原則として申告書を提出した日となります。つまり、申告書提出と同時に税金も納めることになりますので、納付の段取りが整ってから申告書を提出するようにしてください。

※還付申告(医療費控除など)の場合は、申告期限が5年以内となっているため影響はありません。

最後に

今年(令和4年)の確定申告の申告期限は令和4年3月15日(火)まで(消費税は令和4年3月31日(木)まで)です。

期限後申告になると、延滞税が発生したり、青色申告の方の場合は65万控除が外れる(10万円控除しか受けられなくなる)など、不利な点も多いので、申告期限までに間に合わないという方は、今回の個別延長を活用してみてください。

スポンサーリンク