「雇用保険(失業手当)の手続き」の記事一覧

<ハローワークの失業認定申告書>就職が決まったときの書き方と記入例

雇用保険(失業手当)の手続き

失業手当を受給するときにハローワークに提出する「失業認定申告書」ですが、失業手当の受給期間中に就職が決まった場合はどのように記入したらいいのか?記入方法を調べている人もいると思います。そこで今回は、失業手当の受給中に就職が決まったときの「失業認定申告書」の書き方について、実際にハローワークで確認した内容をまとめてみました。

ハローワークに提出する「失業認定申告書」の書き方をわかりやすく解説

雇用保険(失業手当)の手続き
失業認定申告書 書き方

失業手当の受給期間中は、4週間に1度の失業認定日にハローワークに出向き、「失業認定申告書」を提出して失業の認定を受ける必要があります。そこで今回は、失業手当を受給するときにハローワークへ提出する失業認定申告書の書き方を解説しています。こちらの記事は、ハローワークで確認した内容をもとに記入例も作成していますので、記入方法を調べている人がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

失業認定申告書の「求職活動」欄の書き方を記入例付で徹底解説!

雇用保険(失業手当)の手続き
失業認定申告書 求職活動 記入例

今回は、失業認定申告書の「3.失業の認定を受けようとする期間中に、求職活動をしましたか。」欄の書き方について、ハローワークで確認した内容を記入例付でまとめてみました。失業認定申告書の求職活動欄の記入方法を調べている人がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

失業認定申告書「アルバイト・内職・手伝いをしたとき」の書き方と記入例

雇用保険(失業手当)の手続き
失業認定申告書 アルバイト 内職 書き方

失業手当の受給期間中は、4週間に1度の失業認定日にハローワーク出向き「失業認定申告書」を提出して失業の認定を受ける必要がありますが、前回の認定日から次回の認定日の前日までの期間中に、臨時でアルバイトなどをして収入を得る人もいると思います。そこで今回は、アルバイト・内職・手伝いをしたときの失業認定申告書の書き方について解説します。

失業認定申告書「求職活動をしなかったとき」の書き方を記入例付で解説

雇用保険(失業手当)の手続き
失業認定申告書 求職活動をしなかったときの書き方

失業認定申告書は「前回の認定日から次回の認定日の前日までの期間中に、どのような活動をして過ごしたか?」をハローワークに報告するための書類ですが、人によって活動内容が異なるため、書き方も変わってきます。そこで今回は、期間中に求職活動をしなかった場合の失業認定申告書の書き方について解説していきます。

求職活動関係役務利用費っていくらもらえる?支給額の計算方法を解説

雇用保険(失業手当)の手続き
求職活動関係役務利用費 支給額 計算方法

求職活動関係役務利用費は、失業手当の受給期間中に教育訓練や面接などを受けるため、お子さんを保育園等に預けた場合、その保育料の一部を支給するという制度です。保育料の一部といっても、支払った保育料の80%が支給されますので、条件に該当する人は積極的に利用したい制度ですね。そこで今回は、求職活動関係役務利用費は具体的にいくらもらえるのか?計算方法を解説します。

失業手当受給中の保育費「求職活動関係役務利用費」の支給条件と申請方法

雇用保険(失業手当)の手続き
求職活動関係役務利用費 申請方法

今回は、失業手当の受給期間中に面接や就職試験など受けるため、お子さんを保育園等に預けた場合に、その保育料の一部が支給される「求職活動関係役務利用費」について、支給条件や申請方法などハローワークで確認した内容をまとめてみました。

<常用就職支度手当>はいくらもらえるの?支給額の計算方法を解説

雇用保険(失業手当)の手続き
常用就職支度手当 支給額 計算方法

今回は、失業手当の受給資格がある人の中で、障がいのある人やその他の理由で再就職までの期間が長期化しそうな人(就職困難者)が、安定した職業に就いたときに支給される「常用就職支度手当」の計算方法を解説しています。計算方法は非常にシンプルなので、支給額を調べている方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

常用就職支度手当の支給要件・申請方法をハローワークで聞いてみた!

雇用保険(失業手当)の手続き
常用就職支度手当 条件 申請方法

今回は、失業手当の受給資格がある人の中で、障がいのある人やその他の理由で再就職までの期間が長期化しそうな人(就職困難者)が、安定した職業に就いたときに支給される「常用就職支度手当」について、対象者や支給要件、申請方法などハローワークで確認した内容をまとめてみました。

ページの先頭へ