「雇用保険(失業手当)の手続き」の記事一覧

<失業認定申告書>就職が決まっても次回の認定日までに求職活動は必要?

雇用保険(失業手当)の手続き

今回は、失業認定申告書の求職活動欄の書き方について、応募と面接をした期間と採用が決まった期間が異なる場合(採用決定通知だけ次回の失業認定期間にズレ込んだ場合)は「就職が決まったのに次の認定日までに求職活動をする必要があるのか?」や「失業認定申告書にはどのように記入すればいいのか?」をハローワークで確認してみました。

<失業手当の特例延長給付>給付日数が最大60日延長できる人の条件!

雇用保険(失業手当)の手続き
失業手当 特例延長給付 条件

失業手当の給付日数は、年齢や雇用保険に加入している期間によって最低90日~最大330日となっていますが、新型コロナウイルスの影響で解雇や雇い止めに遭い、仕事を失う人が増えていることから、国は条件を満たした人に給付日数を60日延長する「特例延長給付」制度を創設しました!この制度は、各自決められた給付日数の間に就職が決まらなかったら、+60日(または30日)延長されることになりますので、手当もその分上乗せされることになります。そこで今回は、失業手当の特例延長給付を受けることができる人の条件をまとめました。

<失業認定の特例>ハローワークへ行かず、失業の認定を郵送で受ける方法

雇用保険(失業手当)の手続き
失業認定日 変更 新型コロナ

失業手当を受給するためには、4週間ごとにハローワークの窓口で「失業の認定」を受ける必要がありますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「失業認定日の特例措置」として、郵送で失業の認定を受けることができるようになっています。そこで今回は、「郵送で失業認定を受ける方法」について、本日ハローワークで確認した内容をまとめてみました。※2020年10月1日から郵送で失業の認定を受けることができる人が限定されることになりましたので、記事の内容を更新しています。

64歳で退職→受給期間延長→65歳から失業手当と年金は同時にもらえる?

雇用保険(失業手当)の手続き
65歳 失業手当と年金を同時にもうらう方法

先日、読者の方から「64歳で会社を退職。その後、失業手当の受給期間を1年間延長して、65歳になってから求職の申し込みをした場合、失業手当(基本手当)と年金は同時にもらうことができますか?」という質問をいただきました。そこで今回は、「64歳で退職したあと受給期間を延長して、65歳になってから求職の申込みをした場合、年金と失業手当は同時にもらえるか?」本日、ハローワーク渋谷で確認した内容をまとめみました。

失業手当を再受給するときにハローワークに持参する書類を確認

雇用保険(失業手当)の手続き
失業手当 再受給 必要書類

先日、失業手当の受給中または給付制限中に再就職して、その後すぐに退職した場合の失業手当のもらい方についての記事を作成しましたが、今回は失業手当を再受給するとき必要な書類について、本日ハローワークの窓口で確認してみましたので、調べている方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

<失業手当>受給中に再就職してすぐに退職するとどうなるの?

雇用保険(失業手当)の手続き
失業手当 受給期間中に再就職してすぐ退職

先日、職場で失業手当の受給期間中に再就職をしてきた方が、一身上の都合により、入社後わずか1ヶ月で退職することになり、この方から「再就職後は雇用保険に1ヶ月しか加入していないので、失業手当は受給できませんよね?」という質問を受けました。ご存じの方もいると思いますが、失業手当の受給中に再就職して、その後すぐに退職した場合でも、失業手当を受給できる場合があります。そこで今回は「失業手当の受給中または給付制限中に再就職して、その後すぐに退職した場合の失業手当のもらい方」について、解説していきます。

<ダブルワークの雇用保険> 会社に副業がバレないようにする方法

雇用保険(失業手当)の手続き
副業 雇用保険 ばれない方法

1週間の所定労働時間が20時間以上あり、31日以上働く見込みがある場合は職場で雇用保険に加入することになっていますが、これが副業だった場合はどうなるか?気になっている人もいると思います。そこで今回は、副業するときも雇用保険に加入する必要があるのか?雇用保険の手続きで副業が会社にバレないようにするためには、どうしたらいいのか?本日ハローワークで話を聞いてきました。

<ハローワークの失業認定申告書>就職が決まったときの書き方と記入例

雇用保険(失業手当)の手続き

失業手当を受給するときにハローワークに提出する「失業認定申告書」ですが、失業手当の受給期間中に就職が決まった場合はどのように記入したらいいのか?記入方法を調べている人もいると思います。そこで今回は、失業手当の受給中に就職が決まったときの「失業認定申告書」の書き方について、実際にハローワークで確認した内容をまとめてみました。

ハローワークに提出する「失業認定申告書」の書き方をわかりやすく解説

雇用保険(失業手当)の手続き
失業認定申告書 書き方

失業手当の受給期間中は、4週間に1度の失業認定日にハローワークに出向き、「失業認定申告書」を提出して失業の認定を受ける必要があります。そこで今回は、失業手当を受給するときにハローワークへ提出する失業認定申告書の書き方を解説しています。こちらの記事は、ハローワークで確認した内容をもとに記入例も作成していますので、記入方法を調べている人がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

失業認定申告書の「求職活動」欄の書き方を記入例付で徹底解説!

雇用保険(失業手当)の手続き
失業認定申告書 求職活動 記入例

今回は、失業認定申告書の「3.失業の認定を受けようとする期間中に、求職活動をしましたか。」欄の書き方について、ハローワークで確認した内容を記入例付でまとめてみました。失業認定申告書の求職活動欄の記入方法を調べている人がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

ページの先頭へ