以前「失業手当は雇用保険に何ヶ月間加入していればもらえるのか?」失業手当の受給資格についての記事を書きましたが、先日読者の方から「雇用保険の加入期間12ヶ月以上の確認方法がわからない….」というご質問をいただきました。

確かに月の途中で入社(雇用保険加入)した人の場合、「賃金支払基礎日数が11日以上あれば、1ヶ月として換算する」という文言があるので「自分の場合は、1ヶ月に換算できるのか?」悩んでしまうことがあると思います。

そこで今回は、失業手当をもらうための条件にある『雇用保険加入期間12ヶ月以上』の確認方法について、ハローワークの窓口で確認した内容をまとめてみましたので、よろしければ参考にしてみてください。(※今回の記事は、自己都合で退職する人を対象にまとめています。)

失業手当をもらうためには雇用保険に何ヶ月以上加入が必要?

雇用保険加入期間 12ヶ月 確認方法

まず、失業手当の受給資格を獲得するための条件(自己都合で退職した場合)は、「雇用保険の加入期間が過去2年間に12ヶ月以上あること」です。


詳しくは、こちらの記事にもまとめていますので、あわせて参考にしてみてください。
失業手当は雇用保険に何ヶ月間加入していればもらえるの?受給資格を確認


この「12ヶ月以上」をカウントするときに悩むのは「賃金支払基礎日数が11日以上あれば、1ヶ月として換算する」というところではないでしょうか?


例えば、雇用保険に加入した期間(丸1ヶ月)は11ヶ月間あるけど、入社日(雇用保険加入日)が月の途中で、その月は12日間勤務したから「賃金支払基礎日数が11日以上に該当し1ヶ月として換算していいのか?」と、悩む人も多いと思います。

そこで「雇用保険加入期間12ヶ月」のカウント方法を確認していきましょう。

スポンサーリンク

雇用保険の加入期間「12ヶ月」のカウント方法

ここでは、モデルケースを使って解説してきます。

<Aさんのケース>

入社日(雇用保険加入日):2017/10/16

退職日:2018/09/28

勤務形態:土日休み平日5日勤務

雇用保険加入期間は11ヶ月半ですが、Aさんは入社日が月の途中で10/16〜10/31までの間12日働いていたとします。

この場合、失業手当がもらえる条件「12ヶ月以上」としてカウントできるのか?確認してきましょう。



まず、雇用保険の加入期間を調べるときは、退職日の翌日から1ヶ月ずつさかのぼって計算していきます。


そうすると、Aさんの退職日の翌日は9/29ですね。


さかのぼって見ていくと、、、

9/29~8/30:雇用保険加入期間1ヶ月目

8/29~7/30:雇用保険加入期間2ヶ月目

7/29~6/30:雇用保険加入期間3ヶ月目

6/29~5/30:雇用保険加入期間4ヶ月目

5/29~4/30:雇用保険加入期間5ヶ月目

4/29~3/30:雇用保険加入期間6ヶ月目

3/29~2/28:雇用保険加入期間7ヶ月目

2/27~1/30:雇用保険加入期間8ヶ月目

1/29~12/30:雇用保険加入期間9ヶ月目

12/29~11/30:雇用保険加入期間10ヶ月目

11/29~10/30:雇用保険加入期間11ヶ月目



ここまで雇用保険の加入期間は11ヶ月です。

では、月の途中から入社日したAさんの「10/29~10/16」の扱いはどうすればいいのか?


まず、「賃金支払基礎日数が11日以上あれば、1ヶ月として換算する」についてですが、これは雇用保険に加入している期間が丸1ヶ月あるというのが前提です。


つまり、1ヶ月間の中に賃金支払基礎日数が11日以上あれば1ヶ月として換算されるということです。


今回のAさんのケースでは、10/29~10/16の間に11日以上勤務したとしても雇用保険加入期間が丸1ヶ月ないため、雇用保険の加入期間(+1ヶ月)としてカウントすることができません。


よって、Aさんは失業手当の受給資格を満たしていないことになります。

Check!
ただし、雇用保険加入期間が1ヶ月に満たない場合でも、その期間が15日以上あり、更に賃金支払基礎日数が11日以上ある場合は、0.5ヶ月としてカウントすることができます。

では、Aさんの場合、いつ退職すれば失業手当の受給資格を得ることができるのでしょうか?


失業手当の受給資格は「暦通り1年間」で見ていきますので、入社日(雇用保険加入日)が2017/10/16のAさんの場合は、下の図のように「2018/10/15~」の退職であれば、失業手当の受給資格を得ることができます。

雇用保険加入期間 受給資格12ヶ月

最後に

月の途中から就職をした場合、賃金支払基礎日数11日以上あっても、その月は丸1ヶ月勤務していないため、「1ヶ月間」として加入期間にカウントすることができませんので、注意してくださいね。


雇用保険の追加給付のもらい方!
厚生労働省は、雇用保険などの過少給付問題で、2004年(平成16年)以降に雇用保険(失業手当など)や労災保険などの給付を受けた方で、本来もらえる額より少ない額が支給されていた方に対し、不足分を追加で支払うことを決定しました!

そこで、こちらの記事では、雇用保険関係の追加給付についてまとめてみましたので、過去(2004年~現在まで)にハローワークで手当などを受給したことがある方は、ぜひチェックしてみてください。

<雇用保険の追加給付>いつ、いくらもらえるの?支給額と対象者を確認

スポンサーリンク