先日(2020年3月18日)から「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」の申請受付がスタートしました。

そこで今回は、「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」を申請するときに必要な書類、「両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症小学校休業等対応コース)支給申請書(様式第1号①②)」「有給休暇取得確認書(様式第2号)」「支給要件確認申立書(様式第3号)・役員等一覧(別紙)」「支払方法・受取人住所届(様式第4号)」の記入例をまとめました。

実際に私の職場でも申請書の作成に取り掛かっていますが、こちらの記入例は<学校等休業助成金コールセンター>で確認した内容をもとに作成していますので、調べている方いたら参考にしてみてください。

※休業補償の期間が、「令和2年3月31日まで」から「令和2年6月30日まで」に延長されることになりました。

両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症小学校休業等対応コース)支給申請書の記入例

「両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症小学校休業等対応コース)支給申請書」には、「様式第1号①」「様式第1号②」があり、2部記入する必要があります。


また、この申請書は、対象になる方が「雇用保険に加入している場合」と「雇用保険に加入していない場合」の2パターンありますが、今回は対象者が「雇用保険に加入している場合」に記入する申請書を使い記入例を作成しています。


「様式第1号①」の記入例

新型コロナウイルス 両立支援等助成金申請書 様式第1号① 記入例

こちらには、申請書する会社の基本情報を記入します。

記入方法については、こちらの記事で確認することができますので、よろしければ参考にしてみてください。

新型コロナ:小学校休業等対応助成金申請書(様式第1号①)の書き方を解説


「様式第1号②」の記入例

両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症小学校休業等対応コース)支給申請書 様式第1号② 書き方

「様式第1号②」には、対象労働者(申請する従業員)の有給休暇取得期間の賃金等を計算し記入する書類です。また、こちらの書類では、会社に振り込まれる助成金の支給額も確認することができます。

記入方法の詳細は、こちらの記事で解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

新型コロナ:小学校休業等対応助成金申請書(様式第1号②)の書き方を解説


スポンサーリンク

有給休暇取得確認書(様式第2号)の記入例

有給休暇取得確認書 記入例

「有給休暇取得確認書」には、対象労働者(申請する従業員)の有給休暇取得状況とそのお子さんの情報を記入します。


記入方法の詳細は、こちらの記事で解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

<コロナウイルス小学校休業等対応助成金>有給休暇取得確認書の書き方

支給要件確認申立書(様式第3号)の記入例

<支給要件確認申立書(表)1枚目>
支給要件確認申立書 記入例①



<支給要件確認申立書(裏)2枚目>
支給要件確認申立書 記入例②

「支給要件確認申立書(表・裏)」は、不正受給防止など、助成金の支給要件を確認・承諾する書類です。質問の回答に対して記入ミスがあると、助成金が支給されない場合もありますので、注意してください。



<役員等一覧(別紙)の記入例>
役員等一覧

こちらの「役員等一覧(別紙)」についても、記入して提出する必要があります。



「支給要件確認申立書(表・裏)」・「役員等一覧(別紙)」の記入方法については、こちらの記事で確認することができますので、よろしければ参考にしてみてください。

<コロナウイルス小学校休業等対応助成金>支給要件確認申立書の書き方

支払方法・受取人住所届(様式第4号)の記入例

支払方法 受取人住所届 記入例

「支払方法・受取人住所届」には、助成金の振込先金融機関の情報を記入します。

ただし、ジャパンネット銀行、セブン銀行、しぶん銀行、大和ネクスト銀行、GMOあおぞらネット銀行は指定できないなどの注意点もありますので、詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。

コロナウイルス小学校休業等対応助成金「支払・受取人住所届」の書き方


支給要件や申請方法については、こちらの記事で解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

<支給要件について>
<新型コロナ>小学校休業対応助成金(1日8,330円)の支給要件を確認

<申請方法について>
<新型コロナウイルス>小学校休業等対応助成金の申請方法を確認

最後に

「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」の申請期間は、令和2年3月18日(水)~令和2年6月30日(火)までとなっています。

申請するタイミングについては、会社が対象者(従業員)に賃金を支払ったあとであればいつでも大丈夫ですが、期限(6月30日)までに書類が到達している必要がありますので、注意してください。

スポンサーリンク