「年金の手続き」の記事一覧(2 / 3ページ目)

就職したときに国民年金をやめる方法!払い過ぎた保険料はどうなる?

年金の手続き
就職 国民年金 払い過ぎた

現在、国民年金に加入している人が、就職をすると新しい職場で「厚生年金・共済組合」に加入することになりますので、国民年金をやめることになります。そこで今回は、就職したときに国民年金をやめる方法や、国民年金保険料は「いつまで払う必要があるのか?」「払い過ぎた場合はどうなるのか?」本日、年金事務所で確認してみました。

退職したときの「国民年金」切替え手続き!保険料はいつから払う?

年金の手続き
退職後 国民年金加入

サラリーマンの方は退職すると、厚生年金・共済組合から脱退することになるため、新たに「国民年金」に加入する手続きが必要です。ただ、国民年金に加入するときは「どこで?どのように手続きをすればいいのか?」分からないという人もいると思います。そこで今回は、会社を退職したときの国民年金切替え手続き(加入方法、必要書類、保険料の支払方法など)をまとめてみました。

国民年金保険料の控除証明書がない!電話一本で再発行してもらう方法

年金の手続き
年金控除証明書 再発行

社会保険料(国民年金保険料)控除証明書は、年末調整や確定申告で払い過ぎた税金を取り戻すときに必要となりますが、中には届かない!紛失した!という人もいると思います。そこで、今回は国民年金の控除証明書の再発行について、電話一本で郵送してもらう方法、当日窓口で受取る方法や必要書類など年金事務所に確認してみました!

年金手帳再発行するときに必要な年金手帳再交付申請書の書き方と記入例

年金の手続き
年金手帳再交付申請書 書き方

先日、年金手帳を紛失したときの再発行手続きについて記事を書きましたが、今回はその手続きの際に必要になる書類「年金手帳再交付申請書」の書き方について、記入例とあわせて解説をしています。年金手帳の再発行手続きを郵送で行う場合や、家族など代理の方へ頼む場合など、事前に記入が必要になりますので、参考にしてみてください。

年金手帳がない!今日中に再発行する方法と必要書類を確認

年金の手続き
年金手帳 紛失

年金手帳は「就職して厚生年金や共済組合に加入するとき」「会社を退職して国民年金に加入するとき」などに必要となりますが、いざという時に「あれ?ない!?」という方もいると思います。そこで今回は年金手帳を紛失したときの再発行手続きについて、即日再発行する方法や代理人の手続き方法、必要書類などについてまとめてみました。

年金免除期間中に就職が決まったら?年金免除をやめるときの手続方法

年金の手続き
年金免除 やめる

現在、国民年金保険料の免除を受けている人で、年金の免除期間中に就職が決まったときは、どのような手続きが必要なのか?調べている人もいると思います。そこで、今回は就職などで年金免除を途中でやめるときの手続きについて、先日、別件で年金事務所に行く用事があったので、ついでに聞いてきました^^

学生納付特例:退学・中退したときの手続き!その後の年金支払い方法は?

年金の手続き
学生年金 中退

現在、学生の方で「年金の学生納付特例」を受けている人は多いと思いますが、中にはこの期間中に大学・短大・専門学校などを退学(中退)する人もいると思います。そこで、学生納付特例を受けている人が学校を退学(中退)したときはどのような手続きが必要なのか?また、その後の年金の支払いはどうなるのか?など、年金事務所で確認してみました。

国民年金免除・猶予申請書の書き方!申請期間と年度の確認方法を解説

年金の手続き
年金免除申請書 書き方と記入例

国民年金には、年金を払うことが困難な人のために国民年金保険料が免除される制度がありますが、この免除制度を希望する場合は「国民年金保険料免除・納付猶予の申請書」を記入し提出する必要があります。そこで今回は、国民年金保険料免除申請書の書き方を記入例と併せてまとめてみました。

無職・パート・アルバイト収入が少ない人の年金免除申請方法や条件を確認

年金の手続き
年金 免除申請

国民年金には、年金を払うことが困難な人のために申請をすることで国民年金保険料が免除される制度があります。そこで今回は、「収入が少なく年金を払えない!」という方(無職・パート・アルバイトなど)を対象にした「国民年金保険料の免除制度」について、対象条件、申請期間、申請方法などをまとめてみました。

年金が払えない!免除がダメでも猶予で後払い!条件や申請方法を確認 

年金の手続き
年金 猶予

今回は「年金の納付猶予制度」について、制度の仕組み、申請できる人の所得条件、申請期間などをまとめています。「免除を受けることができなかった」「学生納付特例を利用しているが、学校を退学・中退することになった」という方でも、年金の納付猶予制度は利用できる場合がありますので、是非参考にしてみてください。

ページの先頭へ