<失業認定申告書>就職が決まっても次回の認定日までに求職活動は必要?

雇用保険(失業手当)の手続き

今回は、失業認定申告書の求職活動欄の書き方について、応募と面接をした期間と採用が決まった期間が異なる場合(採用決定通知だけ次回の失業認定期間にズレ込んだ場合)は「就職が決まったのに次の認定日までに求職活動をする必要があるのか?」や「失業認定申告書にはどのように記入すればいいのか?」をハローワークで確認してみました。

<家賃支援給付金・2020年創業特例>法人の収入等申立書の書き方を解説

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
家賃支援給付金に係る収入申立書 法人記入例

今回は、「2020年1月1日~3月31日までに開業した中小企業(法人)」や「2019年に開業したけど、2019年中は売上が0円で、2020年1月~3月までには売上があるという中小企業(法人)」が、家賃支援給付金を申請するときに必要になる書類「家賃支援給付金に係る収入等申立書(中小法人等向け)」の書き方について、コールセンターに確認した内容をまとめてみましたので、調べている方がいたら参考にしてみてください。

<家賃支援給付金>個人事業主・フリーランスの収入等申立書の書き方を解説!

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
家賃支援給付金個人事業主・フリーランス 収入等申立書 書き方

今回は、「2020年1月1日~3月31日までに開業した個人事業主・フリーランスの方」や「2019年に開業したけど、2019年中は売上が0円で、2020年1月~3月までには売上があるという個人事業主・フリーランスの方」が、家賃支援給付金を申請するときに必要になる書類、「家賃支援給付金に係る収入等申立書(個人事業者向け)」の書き方について、コールセンターで確認してみてみましたので、調べている方がいたら参考にしてみてください。

<家賃支援給付金>2019年中の売上0円特例!給付条件と必要書類を解説

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
家賃支援給付金 2019年売上0円 申請方法

2020年8月28日から国の家賃支援給付金の対象が拡大され、2019年に新規創業・開業した中小企業(法人)や個人事業主(フリーランス含む)の中で「2019年中の売上は0円だけど、2020年の1月~3月には売上があるという方も申請ができることになりました!そこで今回は、「2019年中の売上は0円だけど、2020年の1月~3月には売上がある」方の給付条件を解説します。また、申請時の必要書類についてもコールセンターで確認してみましたので、調べている方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

<家賃支援給付金>今年1月~3月創業・開業した人の給付条件と必要書類

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
家賃支援給付金 2020創業 開業

これまで国の家賃支援給付金というと、2019年以前から事業を行っている中小企業や個人事業主・フリーランスの方が対象でしたが、2020年8月28日からは2020年1月1日~3月31日までに創業・開業した法人(中小企業)や個人事業主・フリーランスの方にも給付対象が拡大されることになりました!そこで今回は、今年1月~3月創業・開業した方の給付条件と必要書類について解説します。

年末調整(令和2年)基礎控除・配偶者控除等・所得金額調整控除申告書の記入例

年末調整

所得税の改正に伴い、今年(令和2年)の年末調整から新たに「基礎控除申告書」と「所得金額調整控除申告書」が登場することになりました。この2つの申告書は、配偶者控除等申告書と一緒に1枚の様式になっていますが、今年から登場した書類のため、「誰が?どこに?何を?記入すればいいのか?」記入方法に戸惑っている人も多いと思います。そこで今回は、令和2年分給与所得者の「基礎控除申告書(兼)配偶者控除等申告書(兼)所得金額調整控除申告書」の記入例をまとめみました。

<令和2年分・年末調整>所得金額調整控除申告書の書き方を記入例付で解説

年末調整
令和2年分 所得金額調整控除 書き方

令和2年から所得税の改正が実施され、年収が850万円を超えると実質「増税」となりますが、介護が必要な世帯や子育て世代については、税の負担を軽減するため、新たに「所得金額調整控除」が創設されました。この「所得金額調整控除」を受ける場合は、今年(令和2年)の年末調整で「所得金額調整控除申告書」に必要事項を記入して提出する必要があります。そこで今回は「所得金額調整控除申告書」の書き方について、税務署で確認してきましたので、調べている方がいたら参考にしてみてください。

<令和2年分・年末調整>配偶者控除等申告書の書き方をわかりやすく解説

年末調整
令和2年 配偶者控除等申告書 書き方

今年(令和2年分)の年末調整から「配偶者控除・配偶者特別控除」を受ける場合は、「令和2年分・給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」の「給与所得者の配偶者控除等申告書」欄に記入することになっています。新たな様式になり、記入方法がわからないという人のために、今回は「令和2年分・給与所得者の配偶者控除等申告書」の書き方を記入例付で解説していきます。

令和2年分の年末調整:給与所得者の基礎控除申告書の書き方を記入例付で解説

年末調整

これまで基礎控除額というと「一律38万円」でしたが、令和2年からは合計所得金額が2,400万円(年収2,595万円)以下の人は、「48万円」に引き上げられることになりました。ただし、合計所得金額が2,400万円を超えると基礎控除の額は段階的に減額されることから、令和2年の年末調整では新たに「給与所得者の基礎控除申告書」に基礎控除額を記入して提出する必要があります。そこで今回は、「令和2年分・給与所得者の基礎控除申告書」の書き方を記入例付で解説します。

家賃支援給付金が上乗せに!東京都の家賃支援給付金はいくらもらえるの?

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
家賃支援給付金 東京都版

東京都は、国の家賃支援給付金の支給を受けた中小企業(法人)や、個人事業主(フリーランス含む)を対象に、独自の家賃支援制度を創設しました!これは、国から家賃支援給付金の給付を受けた事業者の中で、東京都内で賃料を支払っている事業者は、家賃支援給付金が上乗せされる形になります。(給付額は、中小企業で最大375,000円、個人事業主・フリーランスは最大187,500円)そこで今回は、東京都の家賃支援給付金制度について、給付条件や給付額の調べ方について解説します。

ページの先頭へ