今回の記事では、年末調整のときに会社へ提出する<平成30年分>給与所得者の保険料控除申告書の「生命保険料控除」「地震保険料控除」「小規模企業共済等掛金控除」欄の書き方について解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

<平成30年分>給与所得者の保険料控除申告書の書き方まとめ

今年の「生命保険料控除」「地震保険料控除」「社会保険料控除」「小規模企業共済等掛金控除」は、<平成30年分>給与所得者の保険料控除申告書へ記載することになっています。

平成30年分 給与所得者の保険料控除申告書 書き方

昨年、平成29年分は「保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」1枚に記載していましたが、今年は「給与所得者の配偶者控除等申告書」と「給与所得者の保険料控除申告書」の2枚にわかれていますので、注意してください。



それでは、「①あなたの情報」「②生命保険料控除」「③地震保険料控除」「④社会保険料控除」「⑤小規模企業共済等掛金控除」の記載方法を順番に解説していきます。

「①あなたの情報」の書き方

平成30年分 給与所得者の保険料控除申告書 あなたの情報 書き方

まず、「所轄税務署長」・「給与の支払者の名称」・「給与の支払者の法人番号」・「給与の支払者の所在地」欄については、会社側で記入するため、記入は不要です。

保険料控除申告書 給与支払者の名称 書き方


右側は、あなたの情報を記入します。

保険料控除申告書 あなたの情報 書き方

氏名(フリガナ)
記入例を参考に氏名とフリガナを記入してください。

また、押印も忘れずに。


あなたの住所又は居所
私の勤務先でも「住民票の住所と違うところに住んでいるんだけど、どちらの住所を記入すればいいか?」という質問を受けることがありますが、この住所とは住民票の住所ではなく、実際に住んでいるところの住所を記入することになっています。

スポンサーリンク

「②生命保険料控除」の書き方

平成30年分 給与所得者の保険料控除申告書 生命保険控除 書き方

「生命保険料控除」は、控除額を計算して記入する必要があるため、別の記事で詳しく解説しています。


こちらの記事では、自動計算ツールを使って簡単に控除額を調べる方法や、「一般の生命保険料」「介護医療保険料」「個人年金保険料」欄の記入方法を記入例で確認することができます。
面倒な計算不要!保険料控除申告書の「生命保険料控除」の簡単な書き方


「③地震保険料控除」の書き方

平成30年分 給与所得者の保険料控除申告書 地震保険料控除 書き方

地震保険料控除の適用を受けることができるのは、「地震保険」「旧長期損害保険」です。


「旧長期損害保険」とは、次の3つすべてを満たす保険です。

  • 平成18年12月31日までに締結した長期損害保険の契約で平成19年1月1日以後に契約内容の変更がされていないもの
  • 保険期間(または共済期間)が10年以上ある
  • 保険期間(または共済期間)の満了後に満期返戻金がある

「地震保険控除」欄の書き方と控除額の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

平成30年分給与所得者の保険控除申告書「地震保険控除」欄の書き方

「④社会保険料控除」の書き方

平成30年分 給与所得者の保険料控除申告書 社会保険料控除 書き方

社会保険料控除とは、あなたが「あなた本人の社会保険料を支払った場合」「あなたが配偶者や子、その他親族の社会保険料を支払った場合」に受けられる控除です。


ただし、あなたの給与から天引きされている社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料、雇用保険料など)は、会社側で計算しているため、「社会保険料控除」欄へ記載する必要はありません。


つまり、あなたが、あなたの給与から天引きされていない社会保険料(配偶者や子、その他の親族を含む)を支払った場合に記載します。


給与からから天引きされていない社会保険料とは、主に次のような保険料です。

  • 国民健康保険料(税)
  • 国民年金
  • 国民年金基金

<記入対象者の例>

・年の途中で就職した人で、就職するまでの間、国民年金(国民年金基金)と国民健康保険に加入していた場合

・国民年金の免除や猶予などを受けていて、その年に後納・追納した場合(未納分を時効前に支払った場合も含む)

・あなたがお子さんの国民年金や国民健康保険料を支払っている場合

・あなたが父母の国民年金や国民健康保険料を支払っている場合
<年末調整>親の国民健康保険料は社会保険料控除欄に記載していいの?



支払った社会保険料は全額控除されるため、該当するものがある方は、こちらの記事で記載方法をご確認ください。

<平成30年分>保険料控除申告書「社会保険料控除」の書き方と記入例


スポンサーリンク


「⑤小規模企業共済等掛金控除」

平成30年分 給与所得者の保険料控除申告書 小規模企業 書き方

あなたが本年中に支払った以下の掛金が控除の対象となります。(※ただし、給与から天引きされている掛金は、記載不要です。)

  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構の共済契約の掛金
  • 中小企業の経営者や役員等で「小規模企業共済(退職金積立制度)」に加入している方は、その掛金が控除の対象になりますので、こちらに記入します。
    小規模企業共済等掛金控除 書き方(※給与から天引きされている場合は、記載は不要です。)


  • 確定拠出年金法に規定する企業型年金加入者掛金
  • 企業型確定拠出年金は、会社が企業年金制度の一環として導入しているもので、掛金は一般的に会社が負担しているため、こちらには記載する必要はありません。


  • 確定拠出年金法に規定する個人型年金加入者掛金
  • 個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」を個人で加入している方は、こちらに支払った掛金(払込予定額含む)を記入します。
    小規模企業共済イデコ記入例


  • 心身障害者扶養共済制度に関する契約の掛金
  • 心身障害者扶養共済制度とは、障害のある方を扶養している保護者が、毎月一定の掛金を納めることにより、保護者が死亡または重度障害があったとき、障害のある方に終身一定額の年金を支給する制度です。

    加入している方は、本年中に支払った掛金(払込予定額を含む)を記入してください。

最後に

その他、年末調整の際に会社へ提出する書類の記載方法については、こちらの記事で解説していますので、よろしければあわせて参考にしてみてください。

<平成31年分>給与所得者の扶養控除等申告書の書き方
年末調整:平成31年分「扶養控除申告書」の書き方を記入例付で解説!

<平成30年分>給与所得者の配偶者控除等申告書の書き方
年末調整!平成30年分「配偶者控除等申告書」の書き方を記入例付で解説

スポンサーリンク