先日、職場の同僚から「娘(大学生)が、アルバイトをすることになったんだけど、学生の場合、住民税はどうなるの?」という質問を受けました。

学生さんや未成年の方など、初めてアルバイトをする方で「住民税」について調べている人もいると思います。

そこで今回は、学生さんや未成年の方の住民税についてまとめてみましたので、よろしければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

学生でも住民税はかかるの?

未成年 住民税 課税 非課税

住民税は年齢に関係なく、収入がある人に課税されることになっていますので、学生の方でもアルバイトなどで収入がある場合は、住民税がかかるケースがあります。


学生の方の場合は、「20歳未満(未成年)」と「20歳以上」で課税される基準が異なりますので、順番に確認していきましょう。

20歳未満(未成年)の場合

未成年(20歳未満の学生含む)の方の場合は、次の基準をクリアしていれば住民税は非課税(0円)となります。


  • 前年の合計所得金額が125万円以下の方(給与収入2,043,999円以下)

「前年の合計所得金額125万円以下」というのは、(アルバイト給与のみの場合)源泉徴収票の①「給与所得控除後の金額」に記載されている金額と比べることで、簡単に確認することができます。
学生 アルバイト 住民税 源泉徴収票

今回のケースでは、3万円≦125万円となりますので、住民税は非課税(0円)ですね。


ただし、未成年でも結婚している方(婚姻歴のある方)は、「成年」扱いとなりますので、次の20歳以上のケースを確認するようにしてください。

スポンサーリンク

20歳以上の学生の場合

20歳以上の方は、前年の給与収入が93万円~100万円以上(合計所得金額28万円~35万円以上)の場合に、住民税が課税される場合があります。


※住民税は各市区町村ごとに課税基準が設定されているため、課税される収入額(合計所得金額)が異なります。一度、お住まいの市区町村ホームページ等で確認するようにしてください。


ただし、20歳以上でも学生の場合は、アルバイトなどで得た給与収入が130万円以下(合計所得金額65万円以下)で、給与所得以外の所得が10万円以下であれば、『勤労学生控除』を利用することができます。


この『勤労学生控除』というのは、住民税を計算するときに「26万円」が所得から差し引かれて計算されるため、税金の負担の減らすことができる制度です。


例えば、前年の給与収入が110万円(合計所得金額45万円)だった場合、勤労学生控除を受けた場合と、受けなかった場合の住民税は次のようになります。


(東京都世田谷区の場合)

勤労学生控除なし 住民税年額14,500円(所得割9,500円+均等割5,000円)
勤労学生控除あり※ 住民税年額5,000円(所得割0円+均等割5,000円)

(※『勤労学生控除』を受けても『均等割』は一律でかかります。)


このように『勤労学生控除』を受けない場合と受けた場合では、住民税の額が異なりますので、20歳以上の学生さんでアルバイト収入がある方は、『勤労学生控除』の申告を忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

勤労学生控除の申告方法

『勤労学生控除』を受けるためには、年末調整の際に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の①「C.障害者、寡婦、寡夫又は勤労学生」欄の「勤労学生」に✔を入れ、②の「左記の内容」欄に給与所得額(見込み額でOK)と、在籍している学校名、入学年月日を記入してアルバイト先に提出するようにしてください。

勤労学生

<平成31年分>給与所得者の扶養控除等申告書『勤労学生控除』欄の書き方については、こちらの記事で詳しく解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。
年末調整:勤労学生控除の条件と給与所得者の扶養控除等申告書の書き方

最後に

20歳未満の方の場合は、給与収入が2,043,999円以下(合計所得金額125万円以下)であれば住民税(所得割と均等割)はかからず、20歳以上の学生の方は、給与収入が130万円以下(合計所得金額65万円以下)であれば、住民税は均等割のみで済むことがわかりましたね。

ただし、親の扶養に入っている方は、給与収入が103万円(合計所得金額が38万円)を超えてしまうと、親の扶養から外れることになりますので、住民税の上限と、所得税の上限を間違えないように注意してくださいね!

国民年金の免除について調べている方がいたら、こちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

<20歳以上の学生の方>
学生の年金は免除できる?学生納付特例の申請方法と時効までの期間を確認

<パート・アルバイトで収入の少ない方>
無職・パート・アルバイト収入が少ない人の年金免除申請方法や条件を確認

スポンサーリンク