保険料控除申告書の生命保険料控除を記入するときは「控除額の計算が面倒!」という人も多いと思いますが、私の職場では、生命保険料の控除額の計算に、保険会社の「自動計算ツール」を使って記入してもらうようにしています。

そこで今回は、令和元年分保険料控除申告書の「生命保険料控除」欄の書き方と保険会社の自動計算ツールを使って簡単に控除額を計算する方法を解説していきます。

<令和元年分>給与所得者の保険料控除申告書「生命保険料控除」欄の書き方

今年(令和元年)の「生命保険料控除」は、下記の<令和元年分>給与所得者の保険料控除申告書へ記載することになっています。

令和元年 保険料控除等申告書 生命保険料控除 書き方



この「生命保険料控除」欄には、下記のように「一般の生命保険料」「介護医療保険料」「個人年金保険料」の3つにわかれていますので、それぞれ順番に解説していきます。

生命保険料控除 書き方


「一般の生命保険料」の記入方法

まず、「一般の生命保険料」の記入方法から確認していきましょう。

こちらは、保険会社から郵送されてくる「保険料控除証明書」を見ながら、申告書へ転記していきます。

下記の画像は、オリックス生命保険の「保険料控除証明書」から保険料控除申告書へ転記する例です。

生命保険料控除申告書 転記方法(※クリックすると拡大します。)

基本的には、「保険料控除証明書」の通りに記入すれば問題ありませんが、私の勤務先で多い質問をまとめましたので、参考にしてみてください。

<記入のポイント!>

保険会社の名称
記入欄に書ききれない場合は、省略してもokです。

保険金等の受取人の氏名
契約者はあなたでも被保険者や保険金の受取人が親族などの場合は、その親族の氏名を記入してください。



あなたとの続柄

契約者(あなた)との関係「本人・妻・夫・父・母など」を記入してください。



新・旧の区分

「新」・「旧」どちらか該当するものに〇を付けてください。

【旧制度】契約日が平成23年12月31日以前

【新制度】契約日が平成24年1月1日以後



あなたが本年中に支払った保険料の金額(分配を受けた剰余均等の控除後の金額)

本年中の保険料額を記載しますので、「12月末時点の申告予定額※」を記入してください。(※保険会社ごとに呼び名が異なります。)



その他の「生命保険料控除証明書」をお持ちの場合は、同様に記入してください。

(※契約者が配偶者や扶養親族の場合であっても、あなたが保険料を負担している場合は、控除の対象となりますので、こちらに記入してください。)



一般の生命保険料控除額については、このあと自動計算ツールで計算しますので、ここで一旦記入をストップしてください。


続いて、「介護医療保険料」の記入方法を確認していきましょう。

スポンサーリンク

「介護医療保険料」の記入方法

下記の画像は、「セコム損害保険」の保険料控除証明書から保険料控除申告書へ転記する例です。

保険料控除証明書 転記方法(※クリックすると拡大します。)

<記入のポイント!>

保険会社の名称
記入欄に書ききれない場合は、省略してもokです。

保険金等の受取人の氏名
契約者はあなたでも被保険者や保険金の受取人が親族などの場合は、その親族の氏名を記入してください。



あなたとの続柄

契約者(あなた)との関係「本人・妻・夫・父・母など」を記入してください。

※介護医療保険料控除は、平成24年から新設されたため、旧・新の区分はありません。



あなたが本年中に支払った保険料の金額(分配を受けた剰余均等の控除後の金額)

本年中の保険料額を記載しますので、「本年12月迄のお支払予定額※」を記入してください。(※保険会社ごとに呼び名が異なります。)

その他の「生命保険料控除証明書(介護医療分)」をお持ちの場合は、同様に記入してください。

(※契約者が配偶者や扶養親族の場合であっても、あなたが保険料を負担している場合は、控除の対象となりますので、こちらに記入してください。)



介護医療保険料の控除額については、このあと自動計算ツールで計算しますので、ここで一旦記入をストップしてください。


続いて、「個人年金保険料」の記入例を確認していきましょう。

「個人年金保険料」の記入方法

個人年金保険料も先ほどと同様に保険会社から送られてきた「保険料控除証明書」を見ながら、保険料控除申告書へ転記してください。

個人年金保険料 書き方

<記入のポイント!>

保険会社の名称
記入欄に書ききれない場合は、省略してもokです。

保険金等の受取人の氏名
契約者はあなたでも年金受け取り人が親族などの場合は、その親族の氏名を記入してください。



あなたとの続柄

契約者(あなた)との関係「本人・妻・夫・父・母など」を記入してください。

新・旧の区分

「新」・「旧」どちらか該当するものに〇を付けてください。

【旧制度】契約日が平成23年12月31日以前

【新制度】契約日が平成24年1月1日以後



あなたが本年中に支払った保険料の金額(分配を受けた剰余均等の控除後の金額)

本年中の保険料額を記載しますので、「本年12月迄のお支払予定額※」を記入してください。(※保険会社ごとに呼び名が異なります。)

その他の「生命保険料控除証明書(個人年金保険料)」をお持ちの場合は、同様に記入してください。



個人年金保険料の控除額については、このあと自動計算ツールで計算しますので、ここで一旦記入は終了です。

スポンサーリンク

自動計算ツールで「生命保険料控除額」を計算!

ここでは第一生命の「生命保険料控除額計算サポートツール」を使い、生命保険料控除額を一括で自動計算する方法をご紹介します。

まず、先ほど「保険料控除証明書」から転記した保険料控除申告書を用意します。

生命保険料控除 計算方法


次に、第一生命の「生命保険料控除額計算サポートツール」を開き、「一般の生命保険料」「介護医療保険料」「個人年金保険料」にそれぞれの金額を入力します。このとき「新制度」「旧制度」を間違えないようにしてくださいね。


まず、「旧制度」があれば、下記の画像のように金額を入力します。
保険料控除 自動計算


続いて、「新制度」を入力します。
保険料控除 自動計算ツール


金額の入力が済んだら、「計算する」をクリックします。
保険料控除 計算ツール


すると、自動的に保険料が計算された下記の画像が表示されます。

令和元年 保険料控除申告書 計算

あとは、赤枠内に表示されている金額のとおり「保険料控除申告書」へ転記すれば、「生命保険料控除」の記入は完了です!
生命保険料控除 書き方 記入例

「生命保険料控除」は、控除額に上限があるので計算が必要ですが、保険会社が用意している自動計算ツールを使えば面倒な計算をする手間が省けるだけでなく間違えも減ると思いますので、是非活用してみてください。

令和元年分の保険料控除申告書(全体)の書き方について調べている方がいたら、こちらの記事を参考にしてみてください。

<年末調整2019>令和元年分・保険料控除申告書の書き方を解説!

最後に

こちらでは、【令和元年版】年末調整のときに会社へ提出する書類の記載方法をまとめていますので、よろしければあわせて参考にしてみてください。

<令和2年分>扶養控除等申告書の書き方
<令和元年・年末調整>令和2年分の扶養控除等申告書の書き方と記入例

<令和元分>配偶者控除等申告書の書き方
<年末調整>令和元年分・配偶者控除等申告書の書き方をわかりやすく解説

スポンサーリンク