以前、高年齢求職者給付金について記事を書きましたが、記事を見直していると、ふとあることが気になりました。

それは「定年退職後、再雇用された場合でも高年齢求職者給付金は支給されるのか?」ということです。

65歳で定年退職し、その後も同じ会社で再雇用という形で働く方もいると思います。

そこで今回は、「定年退職後→再雇用→高年齢求職者給付金が支給される条件」についてハローワークで確認した内容をまとめてみましたので、よろしければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

高年齢求職者給付金の支給条件

65歳定年退職後 再雇用 高年齢求職者給付金

定年退職後、同じ会社(※)で再雇用された場合でも条件をクリアすれば「高年齢求職者給付金」を受け取ることができます。(※別の会社でもokです。)


では、早速その条件を確認していきましょう!


「高年齢求職者給付金」が支給される条件は次の2つです。

  • 労働時間が週20時間未満であること
  • 1週間あたり働く時間が20時間以上ある場合は、引き続き雇用保険に加入することになりますので、「失業」とはならず、高年齢求職者給付金は支給対象外となります。

    つまり、定年退職後は「雇用保険に加入しない働き方」が条件になりますね。

  • 今後、週20時間以上の職に就くことを希望する場合(転職希望の場合)
  • 高年齢求職者給付金の支給を受けるには、定年退職後も働く意欲があり、週20時間以上の仕事を探していくことが条件となります。

    週20時間未満の仕事をしながら、求職活動を行うことが条件ですね。


    病気やケガなどが理由で週20時間以上の仕事に就くことができない状態の場合は、高年齢求職者給付金の申請はできないことになっていますので、注意してください。

この2点をクリアしている方は、定年退職後、再雇用された場合でも高年齢求職者給付金を受け取ることができます。

(※その他、条件には雇用保険加入期間があります。詳しくは↓の記事を参考にしてみてください。)

こちらの記事では、高年齢求職者給付金はいつ?いくらもらえるのか?また、支給までの流れについてもまとめていますので、よろしければあわせて参考にしてみてください。
65歳以上の失業手当「高年齢求職者給付金」はいつ?いくらもらえるの?

最後に

定年退職後の再雇用は同じ会社でも別の会社でも問題ありませんが、高年齢求職者給付金の支給を受ける最大のポイントは、労働時間が週20時間未満(雇用保険に加入していない)ということですね。


条件に該当する場合は、定年退職後に会社から離職票が発行されますので、お住まいの住所地を管轄するハローワークで申請手続きを行ってください。

年金と高年齢求職者給付金の併給を心配されている方がいたら、こちらの記事を参考にしてみてください。
65歳以上の雇用保険「高年齢求職者給付金」は年金と併給できる?


雇用保険の追加給付のもらい方!
厚生労働省は、雇用保険などの過少給付問題で、2004年(平成16年)以降に雇用保険(失業手当など)や労災保険などの給付を受けた方で、本来もらえる額より少ない額が支給されていた方に対し、不足分を追加で支払うことを決定しました!

そこで、こちらの記事では、雇用保険関係の追加給付についてまとめてみましたので、過去(2004年~現在まで)にハローワークで手当などを受給したことがある方は、ぜひチェックしてみてください。

<雇用保険の追加給付>いつ、いくらもらえるの?支給額と対象者を確認

スポンサーリンク