「新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き」の記事一覧(2 / 3ページ目)

<DV被害>住民票以外の住所で特別定額給付金10万円を受け取る方法

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
特別定額給付金 dv 別居中 申請方法

今回は、DVなどの被害を受けて別居(避難)している方が、住民票以外の住所(別居先・避難先)で「特別定額給付金10万円」を受け取るためにはどうすればいいのか?本日、総務省のコールセンターと私の住む市区町村で確認してみましたので、調べている方がいたら参考にしてみてください。

<現金10万円給付!>特別定額給付金の申請方法~受給までを解説 

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
コロナ給付金 30万円 申請方法

国民一人あたり10万円が支給される「特別定額給付金(仮)」は年齢や収入に関係なく、赤ちゃんからお年寄りまで、住民票を持っているすべての人が支給対象ですが、給付金を受け取るためには、申請が必要です。そこで今回は、「特別定額給付金」の申請方法などについて、総務省のコールセンターと私の住む市区町村で確認した内容をまとめてみました。

<一律10万円支給!>特別定額給付金申請書の書き方を記入例付で解説

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
特別定額給付金申請書 書き方①

2020年4月30日に令和2年度補正予算が成立し、国民一人あたり10万円(特別定額給付金)が支給されることが決定しました。すでにご存知の方も多いと思いますが、この「特別定額給付金」をもらうためには、お住まいの市区町村から送られてくる「特別定額給付金申請書」に必要事項を記入して申請する必要があります。(オンライン申請以外)そこで今回は、「特別定額給付金申請書」の記入例を作成してみました。

返済不要!持続化給付金:個人事業主100万円・中小企業200万円をもらう方法

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
コロナ給付金 持続化給付金

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、売上が減少した個人事業主・フリーランス、中堅・中小企業の経営者を対象にした給付金制度「持続化給付金」の内容が、徐々に明らかになってきましたので、本日記事を作成しました。「持続化給付金」は、2020年1月~12月までの売上が前年(2019年)同月と比べて50%以上減少した場合に、個人事業主に最大100万円、中小企業に最大200万円まで補償してくれる制度です。もちろん、融資(借入)ではありませんので、助成金や補助金と同様に返済義務はありません。また、雇用調整助成金など他の助成金と比べても、制度の内容がシンプルで比較的ハードルも低いので、チェックする価値はあると思います。そこで今回は、「持続化給付金」について、現時点(2020年4月13日)で発表されている「条件」「給付額の確認方法」「申請方法」などをまとめました。

個人向け:小学校休業支援金(1日4,100円~7,500円)申請書の書き方

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
学校休業対応支援金支給申請書 フリーランス 書き方

先日、会社と業務委託契約をしている個人の方から、「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金支給申請書」の記入方法の件で質問を受けました。そこで今回は、個人事業主やフリーランスといった委託を受けて個人で仕事をする方向けの「小学校休業等対応支援金支給申請書」の書き方を解説します。(こちらの記事では、学校等休業助成金・支援金等相談コールセンターで確認した内容をもとに記入例も作成しています。)

小学校休業対応助成金(1日8,330円~15,000円)の支給要件を確認

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
<新型コロナウイルス>小学校休業等対応助成金 条件

私の職場でも「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」の申請準備を進めていますが、助成金の支給要件がイマイチわからない...という方もいると思います。そこで今回は、助成金の支給条件について、厚生労働省から発表された支給要件の内容を噛み砕いてまとめてみましたので、よろしければ参考にしてみてください。

<新型コロナウイルス>小学校休業等対応助成金の申請方法を確認

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
<新型コロナウイルス>小学校休業等対応助成金 申請方法

2020年3月18日から「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」の申請受付がスタートしました。私の職場でも対象者が数名いるため、現在、申請の準備に取り掛かっています。そこで今回は、「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」の申請方法について、本日<学校等休業助成金コールセンター>で確認した内容をもとに記事を作成してみました。

<新型コロナウイルス>小学校休業等対応助成金支給申請書一式の記入例

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症小学校休業等対応コース)支給申請書 記入例

今回は「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」を申請するときに必要な書類、「両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症小学校休業等対応コース)支給申請書(様式第1号①②)」・「有給休暇取得確認書(様式第2号)」・「支給要件確認申立書(様式第3号)・役員等一覧(別紙)」・「支払方法・受取人住所届(様式第4号)」の記入例をまとめました。実際に私の職場でも申請書の作成に取り掛かっていますが、こちらの記入例は<学校等休業助成金コールセンター>で確認した内容をもとに作成しています。

コロナウイルス小学校休業等対応助成金「支払・受取人住所届」の書き方

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
新型コロナ小学校休校助成金 支払方法 受取人住所届

今回は、「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」を申請するときに必要な「両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症小学校休業等対応コース)支給申請書」の「支払・受取人住所届(様式第4号)」の記入方法について、<学校等休業助成金コールセンター>で確認した内容をまとめてみました。

<コロナウイルス小学校休業等対応助成金>支給要件確認申立書の書き方

新型コロナウイルス助成金・給付金の手続き
小学校休業等対応助成金 支給要件確認申立書 書き方

今回は、「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」を申請するときに必要な「支給要件確認申立書(様式第3号)」と「役員等一覧(別紙)」の記入方法について、本日<学校等休業助成金コールセンター>で確認してみましたので、調べている方がいたら参考にしてみてください。

ページの先頭へ