「2017年12月」の記事一覧

失業したときは年金免除がお得!申請方法と将来の年金への影響を確認

年金の手続き
失業 退職 年金 免除

今回は、会社を退職した人、倒産やリストラ等で失業してしまった人、事業を辞めた人が「年金の免除を受けるためにはどうすればいいのか?」所得条件や申請方法についてまとめました。また「免除を受けると将来もらえる年金にどう影響するのか?」についても確認することができますので、良かったら参考にしてみてください。

国保が払えない!保険料を滞納したときの差押処分と延滞金の計算方法

国民健康保険の手続き
国保 滞納

現在、国民健康保険に加入している方で「保険料が払えない!」という方や「既に保険料を滞納している」という方もいると思います。実は私も過去に保険料の滞納を経験しています。そこで今回は、国民健康保険料(税)を滞納したときに気になる、「差押え処分までの流れ」や「延滞金の計算方法」について計算例を使って解説しています。

国保:引っ越しするときの住所変更手続き、保険料を滞納している場合は?

国民健康保険の手続き
国保 引っ越し

国民健康保険は市区町村ごとに運営されているため、現在国保に加入している方が引っ越しをする場合、今住んでいる市区町村に保険証を返し、引っ越し先の市区町村で新たに国保に加入する手続きが必要です。そこで今回は引っ越しをするときの国保の手続きについて、手順や必要書類、保険料を滞納している場合は?など、まとめてみました。

国保軽減:収入が少ない家庭の保険料は何割安くなる?減額の調べ方を解説

国民健康保険の手続き
国保 軽減

国民健康保険料(税)には、所得が少ない世帯や会社の倒産や解雇によって失業した人を対象に保険料(税)の負担を減らしてくれる「軽減制度」が設けられています。そこで今回は、「所得が少ない世帯」の国保軽減について、対象になる収入の条件や減額される割合の調べ方についてまとめました。

住民税:無職で収入がない人の申告方法と申告書の書き方を記入例で確認

住民税の手続き
無職 住民税申告

国民健康保険料(税)の軽減や児童手当を申請するときには前年の収入を申告する必要がありますが、中には「無職で収入がない場合は?」と、悩んでいる方もいると思います。結論から言うと無職で収入がない場合でも住民税の申告をすることで手続きを進めることができます。そこで今回は収入のない人の住民税申告書の書き方などをまとめました。

国民健康保険料の計算方法、収入のない妻や子供の保険料も確認!

国民健康保険の手続き
保険料 計算

会社を退職したときに、社会保険から国民健康保険に切替える方もいると思います。このとき気になるのが、「国保の保険料」ではないでしょうか?国保には「扶養」という概念がないので、専業主婦や子供、無職の方でも保険料を負担する必要があります。そこで今回は、国保の保険料はどのように決まるのか?計算例を使ってまとめてみました。

国保の軽減:失業したときの保険料はいくら?計算方法と申請方法を確認

国民健康保険の手続き
国保軽減 条件

今回は会社の倒産や解雇などで失業した人の国保の軽減について、条件・申請方法・軽減を受けると保険料はいくらになるのか?計算方法をまとめてみました。国民健康保険料は前年の所得に対して計算されるため、失業で収入のない方には大きな負担になりますが、この軽減を受けると保険料を大幅に減らすことができますので、是非、参考にしてみてください。

国保の脱退忘れ!二重払いした保険料の返金手続きと還付までの期間を確認

国民健康保険の手続き
国保 2重払い

今まで国保に加入していた人が、就職や結婚などで他の健康保険に加入したときは、国保の脱退手続きが必要になりますが、手続きするのを忘れ「新しく加入した健康保険と国保の保険料を2重で払っていた!」という方もいると思います。そこで今回は、2重で支払った国保の返金手続きの方法と返金までの期間についてまとめてみました。

超簡単!国保の脱退は郵送手続きがおススメ!必要書類と記入例を確認

国民健康保険の手続き
国民健康保険 脱退 郵送

こちらの記事では、国民健康保険の脱退手続きを郵送で行う方法についてまとめています。郵送手続きのタイミングや必要書類(記入例)などを確認することができますので、「窓口に行くのが面倒!」「役所に行く時間がない!」という方は、是非、参考にしてみてください^^

ページの先頭へ