今回は、出産手当金を申請するときに提出する書類「出産手当金支給申請書(協会けんぽ版)」の被保険者(申請者本人)が記入する欄の書き方を記入例付きで解説しています。

先日、実際に私の勤務先でも出産手当金を申請しましたので、「出産手当金支給申請書」の書き方について調べている方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

(※令和元年6月1日~新しい様式に変更になりましたので、最新の様式で記入例を作成しています。)

出産手当金支給申請書「被保険者記入用」の書き方と記入例

出産手当金支給申請書 書き方 記入例

出産手当金支給申請書は、次の3枚1セットになっています。

  • 申請者本人が記入する「被保険者記入用」
  • 医師または助産師が記入する「被保険者・医師・助産師記入用」
  • 会社が記入する「事業主記入用」

そのうち、被保険者(申請者本人)が記入する箇所は、1枚目の「被保険者記入用」のA・B欄と、2枚目「被保険者・医師・助産師記入用」のC欄です。

令和元年度 出産手当金支給申請書 書き方


では、書き方を順番に解説していきます。

A.被保険者情報

こちらには、申請者(本人)の情報を記入します。

令和元年度 出産手当金支給申請書 記入例1


「被保険者証の記号・番号」

ここは、健康保険証↓の赤枠に記載されてます。
保険証

※被保険者証の記号と番号がわからない場合(空欄にした方)は「被保険者のマイナンバー記載欄」↓に

出産手当金 マイナンバー 書き方

マイナンバーを記入し、番号確認書類+本人確認書類をセットで添付してください。

番号確認書類:通知カード・個人番号カードのコピーまたは、マイナンバーが記載されている住民票原本のいずれか1点

本人確認書類:運転免許証、パスポート、個人番号カード(顔写真付き)コピーのいずれか一点


「氏名・印」
自署したときは押印を省略することができます。ただし、記入箇所を訂正する場合は、ここに押印した印鑑で訂正するようにしてください。


その他、住所、生年月日、電話番号は記入例を参考に記入してください。

スポンサーリンク

B.振込先指定口座

こちらには、出産手当金を受け取る口座を記入します。

出産手当金 振込先指定口座 書き方

上記の記入例を参考に、「金融機関名称」「預金種別」「口座番号」「口座名義」「口座区分」を記入してください。

出産手当金を代理の方(ご主人など)が受け取る場合は、「口座名義の区分」「2」と記入し、その下の「受取代理人の欄」に委任する旨の氏名・押印等をしたうえで「代理人(口座名義人)」欄に住所、氏名(押印)、電番号、被保険者との関係を記入してください。

C.申請内容

こちらには、申請期間など申請内容を記入していきます。

令和元年度 出産手当金支給申請書 記入例2

被保険者氏名

申請者本人の氏名を記入してください。


①今回の出産手当金の申請は、出産前の申請ですか、それとも出産後の申請ですか。

「1.出産前の申請」か「2.出産後の申請」を選び、該当する番号を記入します。

出産手当金は、産休期間中のすべてをまとめて産後に申請するケースが一般的ですが、産前分、産後分など複数回にわけて申請することも可能です。

複数回にわけて申請する場合、事業主の証明は毎回必要ですが、医師または助産師の証明は1回の申請が出産後であり、証明によって出産日等が確認できたときは2回目以降の申請書への証明は省略することができます。


②上記で「出産前の申請」の場合は、出産予定日をご記入ください。「出産後の申請」の場合は、出産日と出産予定日をご記入ください。

こちらには、「出産前の申請」の場合は出産予定日を、「出産後の申請」場合は、出産日と出産予定日を記入します。

出産手当金支給申請書の「医師・助産師記入欄」にある「出産予定年月日」「出産年月日」と同じ日付になりますので、間違えないように注意してください。


③出産のため休んだ期間(申請期間)

こちらには、出産のため休んだ期間と日数を記入します。この日数で認定された分の出産手当金が支給されことになります。(※日数には公休日も含みます。)

出産手当金の支給期間や支給額については、こちらの記事で解説しています。

出産で会社を休むときの出産手当金のもらい方!支給期間と申請方法を確認


④上記の出産のため休んだ期間(申請期間)の報酬を受けましたか。また今後は受けられますか。

申請期間に有給休暇や特別休暇など含め、給与が支払われた日がある場合は「1」を、ない場合は「2」のいずれか該当する番号を記入してください。

どちらに該当するかわからない場合は、勤務先に確認するようにしてください。


⑤上記で「はい」と答えた場合、その報酬額と、その報酬支払基礎となった(なる)期間をご記入ください。

出産のため休んだ期間(有給休暇や特別休暇など給与が支払われた日数含む)に給与が支払われた場合は、その期間と金額を記入します。

期間と金額についてよくわからないという場合は、勤務先で確認することができますので、担当部署で確認するようにしてください。



以上で、出産手当金支給申請書の被保険者(申請者本人)が記入する欄の記入は完了です。



あとは、医師または助産師に「医師・助産師記入欄」を記入してもらい会社に提出してください。


最後に会社が「事業主記入欄」を記入して協会けんぽに提出すれば申請手続きは完了です。

申請後は、支給額等が記載された「健康保険出産手当金支給決定通知書」が申請者の自宅へ送られてくることになっています。


Check!
退職後に申請する場合は、出産手当金支給申請書の「事業主記入欄」は空欄のまま、直接本人が協会けんぽへ申請することになります。

最後に

出産手当金の申請は、会社の方で「事業主記入用欄」に、給与締日の翌日~締日までの出勤状況などを記入するため、1ヶ月(締日の翌日~締日)ごとの申請となります。

本人が会社に書類を提出しても、(提出する時期によっては)会社は給与締日まで待ってから申請をすることになりますので、出産手当金の受給を急ぐ場合は注意してくださいね。

スポンサーリンク