寡婦・特別の寡婦・寡夫控除は、夫(妻)と離婚した人や、夫(妻)を病気や事故で亡くした人で再婚してない人は「所得税や住民税の負担を減らしてあげますよ!」という税金の軽減制度です。

実は私の勤務先でも「寡婦・特別の寡婦・寡夫控除」のことをよく知らないという人が多いです。

そこで今回は、寡婦・特別の寡婦・寡夫の条件と今年(令和元年)の年末調整のときに会社へ提出する「令和2年分・給与所得者の扶養控除等申告書」の「寡婦・特別の寡婦・寡夫控除」書き方について解説していきます。

寡婦・寡夫とは

令和元年年末調整 寡婦 書き方

まずはじめに、「寡婦・寡夫」について簡単にご説明します。

寡婦(かふ)とは、

・夫が病気や事故で亡くなった(死別)後、再婚していない女性

・夫と離婚した後、再婚していない女性

のことをいい、

寡夫(カフ)とは、

・妻が病気や事故で亡くなった(死別)後、再婚していない男性

・妻と離婚した後、再婚していない男性

のことをいいます。


税法上、寡婦または寡夫に該当する場合は、所得から一定額の控除を受けることができ、税額が軽減される制度があります。


そこで、次に寡婦(寡夫)控除について、条件と控除額を確認していきましょう。

寡婦(寡夫)控除とは

寡婦(寡夫)控除には、「寡婦」「特別の寡婦」「寡夫」の3つの区分にわかれていますので、それぞれ別々に解説していきます。

寡婦の条件と控除額

その年の12月31日の時点で、下記のいずれかに該当する女性は「寡婦」となりますので、寡婦控除を受けることができます。

  • 夫と死別、もしくは離婚した後に再婚していない人、夫の生死が不明な人で、扶養親族または生計を一にする子がいる人(※)

(※扶養親族または生計を一にする子については、令和2年中の所得の見積額が48万円以下で他人の配偶者や扶養親族になっていないことが条件)


または、

  • 夫と死別した後に再婚していない人、夫の生死が不明な人で、所得額が500万円以下(給与収入のみの場合は6,777,778円以下)の人

(扶養親族または、生計を一にするお子さんがいなくてもOK)


こちらの表でも確認することができます。

令和2年 寡婦

(※クリックすると拡大します。)


寡婦控除を受けると、所得税と住民税が次のように軽減されることになります。

所得税 所得税を計算する所得額から27万円を差し引くことができる
住民税 住民税を計算する所得額から26万円を差し引くことができる

※所得税(住民税)が27万円(26万円)減るということでありませんので、注意してくださいね。

夫が病気で亡くなったり、離婚した後、再婚せず小さなお子さんがいる「ひとり親のお母さん(母子家庭)」などは寡婦に該当する可能性が高いです。


また、寡婦には年齢制限がありませんので、例えば、夫と死別→再婚していない→扶養親族の子どもがいない→所得が500万円以下という場合でも寡婦に該当します。


Check!
ここでの「夫」とは、「民法上婚姻関係があった夫」となりますので、戸籍上婚姻関係のない未婚の母(シングルマザー)は、残念ながら「寡婦」には該当しません。

※未婚の母(シングルマザー)の寡婦控除については、現在、見直しが検討されていて、2019年度(平成31年)の税制改正で結論が出ることになっています。(おそらく、今後は「寡婦控除」が適用できるようになると思います。)


スポンサーリンク

特別の寡婦の条件と控除額

上記の寡婦(女性)のうち、その年の12月31日の時点で、次の3つの条件をすべて満たす場合は「特別の寡婦(とくべつのかふ)」に該当します。

  • 夫と死別、もしくは離婚した後に再婚していない人、夫の生死が不明な人
  • 合計所得金額が500万円以下
  • 扶養親族である子がいる
  • (※お子さんの令和2年中の所得の見積額は48万円以下で他の人の配偶者や扶養親族になっていないことが条件)


「特別の寡婦」に該当する場合は、「(一般の)寡婦」に比べ、控除額が大きくなります。

所得税 所得税を計算する所得額から35万円を差し引くことができる
住民税 住民税を計算する所得額から30万円を差し引くことができる

所得金額500万円以下というは、給与所得のみの場合、給与収入6,777,778円以下となりますので、該当する方は多いと思います。


寡夫の条件と控除額

寡夫控除は、その名のとおり男性が受けることのできる控除です。


寡夫控除を受けるためには、その年の12月31日の時点で、次の3つの条件をすべて満たす必要があります。

  • 妻と死別、もしくは離婚した後に再婚していない人、妻の生死が不明な人
  • 生計を一にする子がいる(※)
  • (※所得額が48万円以下で他の人の配偶者や扶養親族になっていないことが条件)

  • 令和2年中の所得の見積額が500万円以下(給与収入のみの場合は年収6,777,778円以下)

寡婦の男性版ということになりますが、寡婦(女性)より条件が厳しくなっていますね。

年末調整 寡夫条件(※クリックすると拡大します。)

寡夫控除を受けると、所得税と住民税が次のとおり軽減されます。

所得税 所得税を計算する所得額から27万円を差し引くことができる
住民税 住民税を計算する所得額から26万円を差し引くことができる

このように、寡婦・特別の寡婦・寡夫に該当する場合は、税額が軽減されることになっていますので、忘れずに申告をするようにしてください。

でも、どうやって申告するの?

寡婦・特別の寡婦・寡夫の申告方法は、給与収入(会社員、パート、アルバイト)のみの方は、年末調整や入社したときに会社に提出する「給与所得者の扶養控除等申告書」で申告します。


一方、個人事業主やフリーランスの方は、確定申告の際に申告書に記載します。



ここでは給与所得者(パートやアルバイトも含む)が、今年(令和元年)の年末調整で申告するときの記載方法について解説していきます。

スポンサーリンク

<年末調整>令和2年分・給与所得者の扶養控除等申告書の書き方

寡婦、特別の寡婦、寡夫に該当する方が年末調整のときに申告する場合は、会社から配付される「給与所得者の扶養控除等申告書」に記入していきます。「寡婦・特別の寡婦・寡夫控除」を申告する場合は、下記の「C 障害・寡婦、寡夫又は勤労学生」欄に記入していきます。

令和2年分 扶養控除等申告書 寡婦 書き方

ここからは、下記の①と②の記入方法を順番に解説していきます。

令和2年分 扶養控除等申告書 書き方①

①寡婦・特別の寡婦・寡夫を選ぶ

寡婦・寡夫書き方

こちらは、先ほど条件で確認した「寡婦」「特別の寡婦」「寡夫」いずれか該当するものに✔をつけます。


②左記の内容の書き方

続いて、その右側の「左記の内容」欄ですが、こちらには「死別、離婚、生死不明」「扶養親族や生計を一にしている子の氏名」「所得の見積額」などを記入しますが、書き方に決まりはありません。


そこで、私の勤務先で記入してもらっている例を載せておきますので、参考にしてみてください。

寡婦(扶養親族やお子さんがいる場合)

<記入事項>
・死別、離婚、生死不明
・扶養親族や生計を一にする子どもの氏名(続柄)と令和2年中の所得の見積額
・自分の令和2年中の所得の見積額

<記入例>
寡婦 扶養親族 子ども 書き方


寡婦(扶養親族やお子さんがいない場合)

<記入事項>
・死別、離婚、生死不明
・自分の令和2年中の所得の見積額

<記入例>
寡婦 子どもいない 書き方

給与(パートやアルバイト含む)収入の他に年金収入(遺族年金・障害年金は除く)もある場合は、合計した「所得の見積額」を記載します。
<所得の見積額>年金と給与、両方もらっている場合の記載方法を解説


特別の寡婦の場合

<記入事項>
・死別、離婚、生死不明
・扶養親族であるお子さんの氏名(続柄)と令和2年中の所得の見積額
・自分の令和2年中の所得の見積額

<記入例>
特別の寡婦 書き方


寡夫の場合

<記入事項>
・死別、離婚、生死不明
・扶養親族であるお子さんの氏名(続柄)と令和2年中の所得の見積額
・自分の令和2年中の所得の見積額

<記入例>
寡婦 扶養親族 子ども 書き方


Check!

「所得の見積額」について

令和2年中の所得の見積額は、来年の所得を予想して記入します。

ただし、所得の見積額は年収ではないので注意してくださいね。

所得額は、給与収入のみの方の場合、給与収入から給与所得控除額を引いた金額となります。

給与収入のみの方で、毎年給与の変動が少ない方は、過去の源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」の金額でもOKです。

最後に

寡婦・特別の寡婦・寡夫控除は、税額が安くなるだけでなく、それ以外の所得税や住民税によって判定される「公営住宅の賃料」や「お子さんの保育料」などにも影響してきますので、該当する場合は申告を忘れないようにしてくださいね。

【令和元年版・年末調整コーナー】
今年も年末調整の時期がやってきました!こちらでは、令和元年分の申告書の記載方法についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

<令和2年分>給与所得者の扶養控除等申告書の書き方
<令和元年・年末調整>令和2年分の扶養控除等申告書の書き方と記入例

<令和元年分>給与所得者の配偶者控除等申告書の書き方
<年末調整>令和元年分・配偶者控除等申告書の書き方をわかりやすく解説

<令和元年分>給与所得者の保険料控除申告書の書き方
<年末調整2019>令和元年分・保険料控除申告書の書き方を解説!

スポンサーリンク