今回の記事では、医療費控除の特約(セルフメディケーション税制)の対象条件と確定申告のときに必要な「セルフメディケーション税制明細書」の書き方について、記入例を使ってまとめてみました。

医療費控除の対象にならない人の場合でも、この医療費控除の特約を受けることで、所得税や住民税の節税に繋がる可能性がありますので、参考にしてみてください。

医療費控除の特例「セルフメディケーション税制」がスタート!

セルフメディケーション税制明細書 書き方
ご存知の方も多いと思いますが、平成29年分の確定申告から、医療費控除の特例として市販の薬(スイッチOTC医薬品※)の購入費用が年間(1/1~12/31まで)12,000円を超えるときは、その超える部分の金額を(上限88,000円まで)所得から差し引くことができる制度「セルフメディケーション税制」が始まりました。


例えば、市販の薬(スイッチOTC医薬品)の購入費が年間55,000円だった場合は、(55,000円-12,000円)43,000円を所得から差し引くことができるということですね。
セルフメディケーション税制 控除される金額

Check!
スイッチOTC医薬品とは?

これまでの使用実績で、医療用から一般医薬品として転用されたもので、かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬などの中から決められた医薬品が対象となります。

採用されている医薬品はこちらで確認することができます。⇒厚生労働省:セルフメディケーション税制対象医薬品一覧(平成30年11月19日現在)


この市販薬(スイッチOTC医薬品)の購入費用は、「生計を一にしている親族」つまり、あなたの収入で生活している人の分も合算することができます。


ただし、セルフメディケーション税制は医療費控除の特例となるため、医療費控除と併用することができません!

医療費控除を受ける場合 セルフメディケーション税制を受けることができない
医療費控除が受けられない場合 セルフメディケーション税制を受けることができる
どちらも受けられる場合 どちらか有利な方を選択することがきる



また、セルフメディケーション税制を受けるには、他にもいくつかの条件がありますので、次の項目で確認していきましょう!

スポンサーリンク

セルフメディケーション税制の対象条件

セルフメディケーション税制を受けることができる人の条件は、次の<その①→②→③>となります。

<条件:その①>

「一定の健康維持や病気予防に取り組んでいること」が適用条件となります。


「何それ?」という人も多いと思います。


この条件は、1年間(平成30年1月1日~12月31日まで)に、次のいずれかを行っている必要があります。

  • 予防接種・定期接種(インフルエンザ等)
  • 市区町村のがん検診や健康診査
  • 勤務先の定期健康診断
  • 健康保険組合などが実施する健康診断(人間ドックなど)
  • 特定健康診査(メタボ検査)または特定保健指導

<条件:その②>
  • 確定申告で、医療費控除をしない

※セルフメディケーションは医療費控除と併用ができません。


<条件:その③>
  • 1年間(平成30年1月1日~12月31日まで)に、特定一般用医薬品等(スイッチOTC医薬品)の購入費用が12,000円以上ある

(※あなたの収入で生活している人の分も合算することができます。)



以上、<条件:その①~③>に該当する場合は、セルフメディケーション税制を受けることができます。

必要書類を確認

セルフメディケーション税制を受ける場合は、次の書類(①と②)を添付または提示する必要があります。


①「一定の健康維持や病気予防に取り組んでいること」を証明する書類

この証明証とは、以下のものがあげられます。

・予防接種(インフルエンザなど)の領収証

・市区町村のガン検診の領収証や結果通知表

・職場で受けた定期健康診断の結果通知表
(結果通知表に「定期健康診断」もしくは「勤務先(会社名)」が記載されている必要があります。)

・人間ドックやガン検診などの領収書や結果通知表
(領収証や結果通知表に「勤務先(会社名)」もしくは「保険者名(健康保険組合など)」が記載されている必要があります。)

・特定健康診査の領収証又は結果通知表
(領収証や結果通知表に「特定健康診査」もしくは(健康保険組合など)」が記載されている必要があります。)

②セルフメディケーション税制の明細書

セルフメディケーション税制の明細書はこちらの国税局HPからダウンロードすることができます。


記入の仕方については、このあと解説していきます。

スポンサーリンク

セルフメディケーション明細書の書き方と記入例

<セルフメディケーション税制明細書の記入例>
セルフメディケーション税制 明細書 記入例

それでは、記入方法と記入内容を確認していきましょう。

「年度」と「氏名」を記入する

平成30年分 セルフメディケーション税制 記入例

まず、「年度」と「氏名」を記入します。

「1申告する方の健康の保持増進及び疾病の予防への取組」を記入する

セルフメディケーション明細書 記入例

ここでは、実際に取り組んだ内容にチェックを入れ、領収証や健康診断結果通知表の発行元(保険組組合、勤務先、市区町村、病院名など)を記入します。

「2特定一般用医薬品等購入費の明細」を記入する

セルフメディケーション税制明細書 書き方

次に「特定一般用医薬品等購入費の明細」欄を記入していきます。


まず、購入した「スイッチOTC医薬品」を領収書(レシート)で確認し、「支払先の名称(薬局名など)」「購入した薬の品名」「支払った金額(税込)」を、図のように記入していきます。


このレシートのように、同じ店舗で購入した対象の薬品が複数ある場合は、支払った金額を合計して記入します。


また、領収書が複数ある場合は、購入先ごとにまとめて記入することができます。(例えば、アマゾンなどで購入している場合など)

セルフメディケーション明細書 記入例4

記入が終わったら、「合計」に金額を記入してください。

Check!
手書きの領収証の場合は?
スイッチOTC薬を購入し、手書きの領収証を受け取っている方は、領収証の但し書き欄に商品名(例:セルフメディケーション税制対象商品、アレグラ1点、ガスター10 1点」など)が記載されている必要があります。


「3控除額の計算」を記入する

セルフメディケーション明細書 記入例5

ここでは、先ほどの「合計」欄の金額使い、控除額の計算を行います。


まず、図のようにAとBの金額を転記します。


次に、「差引金額C」を求めるため、A-Bを計算します。


そして、最後に「C-12,000円」=医療費控除額を計算します。


今回の例では、18,000円を所得から差し引くことができます。


(※セルフメディケーション税制で控除できる金額は、最高88,000円までです。)


このあとは確定申告書の作成となりますが、確定申告書へ転記の方法申告書の書き方については、こちらの記事にまとめていますので、参考にしてみてください。
<医療費控除の特例>確定申告書の書き方と計算方法を画像付で解説

最後に

セルフメディケーション税制明細書に記入した領収証やレシートは、確定申告の際に添付・提示の必要はありませんが、確定申告期限から5年間は保管するルールとなっていますので、捨てずに自宅で保管しておくようにしてくださいね。

スポンサーリンク