現在、1人目の子ども児童手当を受給している人で、新たに子どもが生まれたときは、「2人目の児童手当の手続きはどうすればいいのか?」調べている人もいると思います。

そこで今回は、2人目以降の児童手当について、支給額と増額の手続き方法について、本日市区町村の窓口で確認してきましたので、よろしければ参考にしてみてください。

児童手当の支給額を確認

児童手当 2人目 支給額

児童手当は、日本国内に住む「0歳から15歳(中学3年生)到達後の最初の3月31日まで」の子どもを養育している人に支給される手当です。


支給額は子どもの年齢や人数によって異なりますので、次の表で確認していきましょう。


<児童手当の年齢別支給額>

年齢 児童手当 特例給付(※)
3歳未満 15,000円 5,000円
3歳以上~小学校修了まで(第1子・第2子) 10,000円 5,000円
3歳以上~小学校修了まで(第3子) 15,000円 5,000円
中学生 10,000円 5,000円

※受給者の所得が所得制限をオーバーしている場合は、児童手当の支給額は子どもの年齢に関わらず、子ども1人あたり5,000円となります。


また、「第1子、第2子、第3子・・」のカウント方法は、18歳に達した後の最初の3月31日まで(高校3年修了まで)の子どもの人数を、年齢の高い順に「第1子・第2子・第3子・・」とカウントします。


<例1>

「高校1年生・中学2年生」の子ども養育している場合の児童手当支給額は?

高校1年生→「第1子」→児童手当支給対象外

中学2年生→「第2子」→児童手当支給対象→10,000円

このケースでは、中学2年生(第2子)の児童手当10,000円が支給されます。


<例2>

「高校2年生・小学6年生・小学3年生」の子どもを養育している場合の児童手当支給額は?

高校2年生→「第1子」→児童手当支給対象外

小学6年生→「第2子」→児童手当支給対象→10,000円

小学3年生→「第3子」→児童手当支給対象→15,000円

児童手当 2子 3子

このケースでは、児童手当(第2子+第3子)25,000円が支給されます。


<例3>

「4歳・0歳」の子どもを養育している場合の児童手当支給額は?

4歳の子→「第1子」→児童手当支給対象→10,000円

0歳の子(3歳未満)→「第2子」→児童手当支給対象→15,000円

このケースでは、児童手当(第1子+第2子)25,000円が支給されます。



新たに子どもが生まれた方は、<例3>を参考に支給額を確認してみてください。


既に児童手当をもらっている場合でも、新たに生まれた子ども(2人目以降)の児童手当をもらうためには、児童手当を増額してもらう手続きが必要です。


そこで、2人目以降の児童手当のもらい方について確認してきましょう。

スポンサーリンク

児童手当の増額(2人目以降)手続き

既に児童手当をもらっている人が、新たに生まれた子どもの児童手当を受給(増額)する場合は、「児童手当額改定認定請求書」を市区町村の窓口に提出する必要があります。


手続きは自動的に行われないので、注意してくださいね。


(※市区町村によっては、郵送申請も受付けていますが、郵送の場合は必要書類が各市区町村で異なるケースが多いので、事前に必要書類等を確認するようにしてください。)

手続き必要なもの

児童手当増額の申請(窓口申請)に必要はものは次の3点です。

  • 児童手当額改定認定請求書
  • 認印
    (シャチハタ不可)
  • 窓口で申請する人の身分証明書本人確認書類
    (運転免許証・パスポート・マイナンバー個人番号カードなど)

「児童手当額改定認定請求書」は、市区町村の窓口で配布されていますが、市区町村ホームページからダウンロードできる場合もあります。

児童手当額改定認定請求書の記入例

「児童手当額改定認定請求書」の書式は各市区町村ごとで異なりますが、記入する項目は、ほとんど変わらないので、こちらに記入例を載せておきますね。

児童手当額改定・増額認定請求書 書き方 記入例
(※平成30年4月25日に生まれた子どもの児童手当(増額)を申請するときの記入例です。)

提出期限と支給開始月を確認

「児童手当額改定認定請求書」の提出期限は、子どもが生まれた日の翌日から15日以内(15日目が休日のときは、翌開庁日まで。)です。


児童手当の増額は、申請書を提出した月の翌月分から増額されることになります。


ただし、「児童手当額改定認定請求書」の提出が遅れると、児童手当(増額分)の支給開始も遅れ、遅れた月分の児童手当(増額分)は受給できなくなりますので、注意してください。


このとき、必要書類が揃わなくても、不足書類は後日提出することができますので、とりあえず期日までに申請を行うようにしてください!


(※郵送申請の場合は、「児童手当額改定認定請求書」が市区町村の担当課に到着した日が申請日となりますので、こちらも期限には注意してください。)

まとめ

最後に、今回の記事の内容をまとめてみました。

  • 既に児童手当を受給している人が、出生等で新たに養育する子どもが増えた場合は、児童手当も増額される
  • 2人目以降は、子どもの年齢や人数によって支給額が変わる
  • 既に児童手当を受給していても「児童手当額改定認定請求書」を15日以内に提出する必要がある
  • 児童手当の増額分は、申請書を提出した月の翌月分から支給される
  • 「児童手当額改定認定請求書」の提出が遅れると、遅れた分の児童手当(増額分)は支給されない

また、里帰り出産などで、お住まいの市区町村以外で出生届を提出する場合でも、児童手当の申請(増額)は、住民票のある市区町村となりますので、期限までに窓口に行けない場合は、郵送申請等を利用できるか?お住まいの市区町村に確認してみてくださいね。

関連記事

令和元年10月1日から保育料の無償化がスタートします!3歳~5歳までのお子さんがいる方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

令和元年10月スタート!子どもの保育料無償化って全額無料になるの?

スポンサーリンク