児童手当をもらい続けるためには、年1回、毎年6月に『現況届』を提出する必要がありますが、「忙しくて期限までに出すのを忘れていた!」という方もいると思います。

そこで今回は、児童手当の手続きについて「現況届の提出期限」「現況届を出し忘れた場合はどうなるのか?」をまとめてみましので、よろしければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

児童手当現況届の提出期限を確認

児童手当 現況届 出し忘れ

児童手当の現況届(特例給付現況届)は、毎年5月下旬~6月上旬にかけて郵送されてきますが、この現況届の提出期限は、6月30日までとなっています。(市区町村によっては、7月上旬まで受付けている場合もあります。)


児童手当の現況届の提出方法は、窓口提出もしくは郵送がありますが、郵送の場合は6月30日の消印まで有効となります。



ですが、中には「6月30日までに出すのを忘れてしまった!!」という方もいると思います。


そこで、現況届の提出期限を過ぎてしまった場合はどうなるのか?確認していきましょう。

スポンサーリンク

提出期限を過ぎた場合はどうなるの?

市区町村のホームページには、「6月末日の提出期限を過ぎると6月以降の児童手当は支給されません。」というようなことが書かれているので、一瞬ドキッ!とすると思いますが、実際には、提出期限を過ぎると6月以降(10月支給)の支給は一旦ストップされますが、現況届を提出すれば、児童手当の支給は再開されることになっています。


また、未支給の分も、さかのぼって受給することができますので、安心してください。

Check!
ただし、児童手当をもらう権利は「2年間」です!2年を過ぎた児童手当は時効でもらうことができなくなりますので、注意してください。

現況届の提出が7月になった場合

児童手当は、次のように年3回に分けて各月分が振り込まれることになっています。

2月支給分 10月分~1月分
6月支給分 2月分~5月分
10月支給分 6月分~9月分



例えば、6月末に現況届を出し忘れて7月中に提出した場合、上の表のとおり10月に振り込まれる児童手当(6月分・7月分・8月分・9月分)の支給に影響が出そうですが、遅れた分の児童手当は現況届提出後、随時支給されることになっていますので、7月・8月中に提出できれば通常通り10月の振込には間に合うと思います。

現況届の提出が10月以降になった場合

現況届の提出が10月以降になった場合は、10月に振り込まれる児童手当(6月分・7月分・8月分・9月分)は、受給資格の確認後に振り込まれることになっています。

(例:10月に現況届を提出→「10月支給分」は11月に振り込まれる。)

最後に

児童手当の現況届は提出期限を過ぎてしまっても、(2年以内であれば)過去にさかのぼって受給することができますので、必ず提出するようにしてくださいね!


現況届の書き方や提出書類については、こちらの記事にまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。
毎年6月提出!<児童手当の現況届>必要書類と書き方を記入例で確認!


もし、現況届を紛失してしまったという方は、住民登録している市区町村の児童手当担当課(子育て支援課など)に電話をすれば、再度送ってもらうことができますので、問い合わせてみてください。

スポンサーリンク