産休中の社会保険料は払わなくていい!免除される期間と申請方法を確認

社会保険の手続き
産休中の社会保険料 免除

出産のために産休を取得し会社を休んだ場合、その期間中は社会保険料(健康保険・厚生年金保険料)がまるまる免除されるという大変お得な制度があります。そこで今回は、産休中の社会保険料の免除について、免除される期間や申請方法などをまとめてみましたので、調べている方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

育児休業給付金をもらった直後に退職しても失業手当はもらえるの?

雇用保険(失業手当)の手続き
育児休業給付金と失業手当

先日、勤務先で「育児休暇中に育児休業給付金を受給し、そのあとすぐに会社を退職すると、失業手当は受け取れないの?」という質問を受けました。同じような疑問をお持ちの方もいると思いましたので、今回は「育児休業給付金をもらったあとに会社を辞めた場合、失業手当をもらうことはできるのか?」について解説していきます。

2019年GWゴールデンウィーク中は市役所・役場って開いてるの?

日常の手続き
2019年 GW中の市区町村窓口

今年(2019年)のGWは、5月1日が「1年限りの祝日」となったことで、土日も含めると最大10連休になるという方もいると思いますが、中には、この連休中に引っ越しなどを予定していて、市区役所・町村役場の窓口で手続きが必要!という方もいると思います。そこで今回は、2019年GWゴールデンウィーク中の市区役所・町村役場の開設日についてまとめてみました。

<雇用保険の追加給付>いつ、いくらもらえるの?支給額と対象者を確認

雇用保険(失業手当)の手続き
雇用保険 追加給付 いつ いくら

厚生労働省は、雇用保険などの過少給付問題で、過少給付されていたおよそ2,000万人に対して約537億円を支払うことが決まりましたが、「自分は追加給付の対象になるのか?」や「追加給付金はいつ?いくら支給されるのか?」など、気になっている方も多いと思います。そこで今回は、雇用保険関係の追加給付の「対象者」「支給額と支給時期」について、現段階でわかっていることをまとめてみました。

<雇用保険の追加給付>引っ越し等で住所が変更になっている場合は?

雇用保険(失業手当)の手続き
雇用保険 追加給付 住所変更

2004年(平成16年)8月以降に雇用保険の給付(失業手当、再就職手当、高年齢求職者給付金、育児休業給付など)を受けた方の中で、過少給付に該当した場合は2019年10月ごろから順次、『追加給付のお知らせ』が送られてくることになっていますが、中には「引っ越しをしていて、ちゃんと案内が届くか心配」という人もいると思います。そこで今回は『追加給付のお知らせ』について、住所が変わっている場合はどうなるのか、相談窓口で確認してみました。

個人事業主から会社員に!「個人事業の廃業届出書」の書き方と記入例

確定申告
個人事業廃業届 書き方 記入例

個人で事業(フリーランス)している方が、個人事業をやめる場合は、事業をやめた日から1ヶ月以内に税務署へ「個人事業の廃業届出書」を提出する必要があります。そこで今回は、「個人事業の開業・廃業等届出書」の書き方を記入例付で解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

年金を受給しながらパート・アルバイトをしている人の確定申告書の書き方

確定申告

パートやアルバイト先から給与をもらっている場合は、年末調整をしていると思いますので、通常であれば確定申告をする必要はありません。ただし、年金などの雑所得や他の所得が合計20万円を超える場合は、年末調整を受けていても確定申告をする必要があります。そこで今回は、年金を受給しながらパート・アルバイト収入がある人の確定申告書の書き方を記入例付で解説します。

ページの先頭へ