令和4年10月~育休中の社会保険料の免除が変わります!変更点を解説

社会保険の手続き
令和4年 育児休業期間中 社会保険料免除 変更点

現在、「育児休業を取得している期間は社会保険料が免除される」制度が用意されていますが、現行の免除制度には、欠点があるため、令和4年(2020年)10月1日から育児休業中の社会保険料の免除ルールが改正されることになりました。そこで今回は、令和4年10月1日から育児休業期間中の社会保険料の免除制度はどのように変わるのか?わかりやく解説していきます。

育児休業終了後の健康保険・厚生年金保険料を安くする特例制度を解説

社会保険の手続き
育児休業明け 社会保険料 特例

以前、育児休業中の社会保険料免除についての記事を書きましたが、先日、職場で「育児休業終了後の社会保険料は育児休業前(高いまま)の報酬月額で計算されるの?」という質問を受けました。育児休業から復帰すると、「時短勤務」や「残業ができない」などの理由から、給与が育児休業を取る前よりも減ることがありますが、この場合は減った給与に対して報酬月額を見直し健康保険・厚生年金保険料を安くする制度が用意されています。そこで今回は、育児休業終了後の健康保険・厚生年金保険料の特例制度について解説します。

<失業手当のコロナ特例>自己都合で退職しても給付制限が付かない人の条件

雇用保険(失業手当)の手続き
自己都合離職 コロナ特例

通常、離職理由が「自己都合」の場合は3ヶ月間(※現在は2ヶ月間)の給付制限が付きますが、令和2年2月25日から離職理由が「自己都合」でも、新型コロナの影響で自己都合退職した場合、給付制限ナシで失業手当を受給することができるようになっています。 そこで今回は、「自己都合で退職しても給付制限が付かない人の条件」をハローワークで確認してきましたので、調べている方がいたら参考にしてみてください。

<マイナンバーカードの保険証登録>今まで利用していた保険証はどうなるの?

マイナンバーの手続き
マイナンバー保険証登録

令和3年(2021年)3月からマイナンバーが健康保険証として利用できるようになりますが、先日、勤務先の同僚から「マイナンバーカードに健康保険証を登録した場合、保険証は返却するの?」という質問を受けました。確かに、保険証はどうなるのか?総務部に所属している私としては知っておく必要があります。そこで今回は、マイナンバーカードに健康保険証を登録した場合、今までの保険証は返却する必要があるのか?マイナンバー総合フリーダイヤルと協会けんぽ、市区町村の窓口で確認してみました。

令和2年の年末調整申告書の作成方法/手書き版と年末調整アプリ版まとめ

年末調整
2020年末調整

こちらの記事では、令和2年(2020年)の年末調整で提出する「令和3年分・給与所得者の扶養控除等申告書」「令和2年分・給与所得者の基礎控除申告書(兼)配偶者控除等申告書(兼)所得金額調整控除申告書」「令和2年分・給与所得者の保険料控除申告書」の作成方法を「手書き版」と「年末調整アプリ(ソフト)版」に分けてまとめています。

<国民年金>退職後すぐに再就職する場合でも加入する必要がある?

年金の手続き
退職してすぐに再就職 国民年金加入条件

先日、勤務先で退職する予定のある方から「退職後すぐに再就職して厚生年金に加入する予定があっても、国民年金は加入しないといけないの?」という質問を受けました。確かに、国民健康保険は退職日の翌日から再就職日まで1日でも間が空く場合、加入する必要がありますが、国民年金の場合は「加入する・しない」の判定基準が異なります。そこで今回は、退職後すぐに再就職する場合でも国民年金に加入する必要があるのか?について解説します。こちらの記事は、私の住む市区町村の国民年金課で確認した内容をもとにまとめていますので、調べている方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

令和3年分・扶養控除等申告書を年末調整アプリで簡単に作成する方法 

年末調整
年末調整アプリ 扶養控除等申告書 作成

今回は、国税庁からリリースされている「年末調整アプリ」を使って令和3年分・給与所得者の扶養控除等申告書を作成する方法を解説します。令和2年から年末調整のときに提出する申告書類は、年末調整アプリ(ソフト)を使って作成することができ、勤務先が年末調整の電子化に対応している場合は、電子データのまま送信することができるようになっています。また、勤務先が年末調整の電子化に対応していない場合でも、今回の「年末調整ソフト」を利用して作成した申告書データをプリントアウトして提出することができますので、よろしければ参考にしてみてください。

計算不要!年末調整アプリを使って配偶者控除等申告書を簡単に作成する方法

年末調整
年末調整アプリ 配偶者控除等申告書 

今回は、国税庁からリリースされている「年末調整アプリ」を使って令和2年分・給与所得者の配偶者控除等申告書を作成する方法を解説します。令和2年から年末調整のときに提出する申告書類は、年末調整アプリ(ソフト)を使って作成することができ、勤務先が年末調整の電子化に対応している場合は、電子データのまま送信することができるようになっています。また、勤務先が年末調整の電子化に対応していない場合でも、(今まで通り申告書に手書きで記入するか、)今回の「年末調整ソフト」を利用して作成した申告書データをプリントアウトして提出することができます。

年末調整アプリで「令和2年分・保険料控除申告書」を作成する方法

年末調整
保険料控除申告書 年末調整アプリで作成する方法

今回は、国税庁からリリースされている「年末調整アプリ」を使って、令和2年分・給与所得者の保険料控除申告書を作成する方法を画像付きで解説します。令和2年から年末調整のときに提出する申告書類は、年末調整アプリ(ソフト)を使って作成することができ、勤務先が年末調整の電子化に対応している場合は、電子データのまま送信することができるようになっています。※勤務先が年末調整の電子化に対応していない場合でも、(今まで通り申告書に手書きで記入するか、)今回の「年末調整ソフト」を利用して作成した申告書データをプリントアウトして提出することができます。

ページの先頭へ