引っ越しなどで住所が変わる場合は、マイナンバー「通知カード」や「個人番号カード」も住所変更の手続きが必要です。

そこで今回は、マイナンバー「通知カード」「個人番号カード」の住所変更について、手続き方法や必要書類など市区町村窓口で確認したことをまとめてみましたので、手続きの内容を調べている方がいたら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

マイナンバー「通知カード」「個人番号カード」引っ越しのときに必要な手続き

マイナンバー 住所変更
今回は、マイナンバー「通知カード」と「個人番号カード」の住所変更手続きについて、それぞれのカードごとに手続き内容をまとめてみましたので、お持ちのカードの種類で確認してみてください。

通知カードの住所変更手続き

通知カード 住所変更

<引っ越し前(旧住所)での手続き>
通知カードの場合、転出届(旧住所)を出すときに行う手続きは特にありません。


<引っ越し先(新住所)での手続き>
通知カードの住所変更手続きは、引っ越し先の市区町村窓口で、転入届(他の市区町村から引っ越しをしてきたとき)または、転居届(今住んでいる市区町村内で住所が変わるとき)を出すときに行います。

通知カードの住所変更手続きは、旧住所を転出した日から14日以内となっていますので、注意してください。



<手続きに必要なもの>

  • マイナンバー「通知カード」
  • 転出証明書※(引っ越しをするとき、旧住所の市区町村で発行されます。)

※転居届の場合は不要です。


手続きは、通知カードの裏面の余白部分に新しい住所が印字されれば完了なので、窓口が混雑していなければ10分程度で終わるそうです。(※新しい住所は職員の方の手書きになる場合もあります。)


このとき、家族の分をまとめて手続きすることができますので、世帯全員の通知カードまたは個人番号カードと、窓口に行く人の身分証明書(免許証・パスポート・保険証など)を忘れず持っていくようにしてください。

(※個人番号カードの場合、全員分の住民基本台帳事務用の暗証番号(数字4ケタ)が必要になります。)

海外へ引っ越しするとき
引っ越し先が外国の場合は、今住んでいる市区町村で転出届を出す際に、通知カードまたは個人番号カードの返納手続きが必要です。

スポンサーリンク

個人番号カードの住所変更手続き

個人番号カード 住所変更

<引っ越し前(旧住所)での手続き>
個人番号カードの住所変更は、引っ越し前(旧住所)の市区町村窓口で転出届を出すときに、個人番号カードに転出証明書の代わりになるデータが記録されますので、転出届を提出する際は個人番号カードを持参するようにしてください。


(※何等かの理由で個人番号カード内にデータが記録されなかった場合は、転出証明書が発行されますので、引っ越し先の市区町村に持参するようにしてください。)


<引っ越し先(新住所)での手続き>
引っ越し先(新住所)の市区町村窓口で、転入届(他の市区町村から引っ越しをしてきたとき)または、転居届(今住んでいる市区町村内で住所が変わるとき)を出すときに個人番号カードを提示して住所変更手続きを行います。


個人番号カードの住所変更手続きも、旧住所を転出した日から14日以内となっています。


また、このとき住民基本台帳事務用の暗証番号(数字4ケタ)の入力が必要になります。(※住民基本台帳事務用の暗証番号とは、マイナンバー個人番号カード交付時に窓口で設定したものになります。)

マイナンバー個人番号カードの暗証番号を忘れてしまったという方は、こちらの記事を参考にしてみてください。
個人番号カード:暗証番号を忘れたとき、ロックされたときの解除手続き



<手続きに必要なもの>

  • マイナンバー「個人番号カード」
  • 住民基本台帳事務用の暗証番号(数字4ケタ)

※暗証番号が間違っていると、個人番号カードでの本人確認ができないため、別途、本人確認書類(免許証・パスポートなど)が必要になります。暗証番号が正しいか不安な方は本人確認書類を持参するようにしてください。


手続きは、個人番号カードの表面の余白部分に新しい住所が印字されれば完了なので、窓口が混雑していなければ10分程度で終わるそうです。(※新しい住所は職員の方の手書きになる場合もあります。)



また、このときは、家族の分をまとめて手続きすることができますので、世帯全員の通知カードまたは個人番号カードと窓口に行く人の身分証明書(免許証・パスポート・保険証など)を忘れず持っていくようにしてください。

(※個人番号カードの場合、全員分の暗証番号(数字4ケタ)の入力が必要になります。)

海外へ引っ越しするとき
引っ越し先が外国の場合は、今住んでいる市区町村で転出届を出す際に、通知カードまたは個人番号カードの返納手続きが必要です。

住所を変更するとマイナンバー(番号)は変わる?

マイナンバー「通知カード」や「個人番号カード」の住所変更をしても、カードが新しいものになるのではなく、運転免許証のように余白欄に住所が書き加えられるということなので、マイナンバー(番号)が変わることはありません。


マイナンバー(番号)は、不正に利用される場合を除き、番号の変更はできないことになっています。

最後に

旧住所から新住所へ「転入届」(住民票の異動)を提出した場合でも、マイナンバー個人番号カードの住所変更をしていない場合は、90日経つと個人番号カードは失効となりますので、忘れず手続きするようにしてくださいね。

結婚(離婚)など、苗字が変わる場合は氏名変更の手続きが必要となります。氏名変更の手続きについては、こちらで解説していますので、良かったら参考にしてみてください。

<マイナンバー>通知カード・個人番号カード結婚で氏名変更手続き


引っ越しの手続き!
こちらの記事では引っ越しのときに行う手続きを一覧にしていますので、その他の住所変更手続きについて調べている方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

引っ越しをするときに必要な手続き!保険証・免許証などの住所変更まとめ

スポンサーリンク