現在、国民健康保険に加入している方で、「会社に就職して職場の保険に加入することになった」「結婚などで夫や妻の扶養に入ることになった」「引っ越しをする」という方は、国民健康保険の脱退手続きが必要です。

そこで今回は、国民健康保険を脱退するときの手続きについて、「手続き方法・期限・必要書類」などをまとめています。

また、脱退手続きの際に保険料の未納分がある場合はどうなるのか?私の住んでいる市区町村に確認したことをまとめましたので、よろしければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

国民健康保険の脱退手続きが必要な人

国民健康保険 脱退手続き
国民健康保険は、本人の希望で脱退することができません。そこで、まず「国民健康保険の脱退手続きが必要な人」の確認からしていきましょう。


<国民健康保険の脱退手続きが必要な人>

  • 職場の健康保険に加入したとき
  • 結婚等で扶養に入ったとき
  • 他の市区町村へ引っ越しをするとき
  • 生活保護を受け始めたとき
  • 死亡したとき

上記のいずれかに該当する場合は、国民健康保険の脱退手続きが必要です。


国民健康保険は「自動的に脱退にはならない※」ので、必ず手続きをするようにしてください。(※75歳になると国民健康保険は脱退となりますが、このときは自動的に資格喪失とになりますので、手続きは不要です。)


手続きを忘れると、引き続き保険料の納付書が送られてきますので、注意してくださいね。


それでは、国民健康保険の脱退手続きについて、手続きの方法を解説していきます。

国民健康保険「脱退」手続き

国民健康保険の脱退手続きは、お住まいの市区町村の窓口で手続きをすることができます。


手続きは本人もしくは世帯主、住民票上同一世帯の方であれば、特に委任状は必要なく手続きをすることができます。


(※市区町村によっては、委任状を求められるケースもありますので、本人または世帯主以外の方が手続きをする場合は、事前に必要書類等を確認するようにしてください。)

スポンサーリンク

国民健康保険「脱退」手続きはいつまで?

国民健康保険「脱退」手続きは、それぞれの事由が発生した日から14日以内に手続きをすることになっています。


それぞれの事由が発生した日とは?


先ほど<国民健康保険の脱退手続きが必要な人>で確認したとおり、「就職して職場の保険に加入した日」「結婚などで夫や妻の扶養に入った日」「他の市区町村に引っ越しをした日」などです。


「忙しくて窓口に行く時間がない!」「手続きが面倒くさい!」という方、国保の脱退手続きは郵送でも可能です。


郵送手続きの方法はこちらの記事にまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。

超簡単!国保の脱退は郵送手続きがおススメ!必要書類と記入例を確認


国民健康保険を月の途中で脱退する場合、保険料はいつの分まで支払うのか?調べている方がいたら、こちらの記事を参考にしてみてください。

<国民健康保険>月の途中で加入orやめたときの保険料の支払いは?


Caution!
脱退手続きを忘れるとどうなる?
手続きするまで、引き続き保険料が請求されます。また、1年以上遅れると、払い過ぎた保険料が戻ってこない場合もありますので、注意してください。

国民健康保険の「脱退」手続きに必要なもの

国保の脱退手続きには、脱退する理由によって必要書類が異なりますので、ここからは別々にまとめて解説していきます。


職場の健康保険に加入したとき

  • 国民健康保険異動届(窓口に用意されています。)
  • 職場で新しく発行された健康保険証(妻や子どもを扶養にした方は、全員分必要です。)
  • 今まで使っていた国民健康保険証(妻や子どもを扶養にした方は、全員分必要です。)
  • 本人確認書類(運転免許証・個人番号カード・パスポートなど)
  • 印鑑(認印可)
  • マイナンバー通知カードまたは個人番号カード

こちらの記事では、就職したときに行う手続きを一覧にまとめていますので、よろしければあわせて参考にしてみてください。

再就職したときに必要な手続き!ハローワーク・国保・年金・住民税まとめ

結婚等で扶養に入ったとき

  • 国民健康保険異動届(窓口に用意されています。)
  • 新しく発行された健康保険証(夫の扶養に入った方は、夫の勤務先で発行された保険証になります。)
  • 今まで使っていた国民健康保険証
  • 本人確認書類(運転免許証・個人番号カード・パスポートなど)
  • 印鑑(認印可)
  • マイナンバー通知カードまたは個人番号カード

こちらの記事では、扶養に入るときの手続きについてまとめていますので、よろしければあわせて参考にしてみてください。

退職後に扶養に入る条件と手続方法!扶養中に収入がオーバーしたら?

他の市区町村へ引っ越しをするとき

  • 国民健康保険異動届(窓口に用意されています。)
  • 今まで使っていた国民健康保険証
  • 印鑑(認印可)
  • マイナンバー通知カードまたは個人番号カード

こちらの記事では、引っ越しをするときに行う手続きを一覧にまとめていますので、よろしければあわせて参考にしてみてください。

引っ越しをするときに必要な手続き!保険証・免許証などの住所変更まとめ

生活保護を受け始めたとき

  • 国民健康保険異動届(窓口に用意されています。)
  • 保護受給証明書
  • 今まで使っていた国民健康保険証
  • 本人確認書類(運転免許証・個人番号カード・パスポートなど)
  • 印鑑(認印可)
  • マイナンバー通知カードまたは個人番号カード

死亡したとき

  • 国民健康保険異動届(窓口に用意されています。)
  • 今まで使っていた国民健康保険証
  • 窓口で手続きする方の本人確認書類(運転免許証・個人番号カード・パスポートなど)
  • 印鑑(認印可)
  • マイナンバー通知カードまたは個人番号カード

本人以外(世帯主・住民票上同一世帯)の方が窓口で手続きする場合は、窓口に行く方の本人確認書類(運転免許証・個人番号カード・パスポートなど)が必要です。


また、住民票上同一世帯でない代理人の方が手続きをする場合は、委任状が必要です。

<代理人の手続き>委任状ってどう書けばいい?書き方を記入例付で解説



スポンサーリンク

国民健康保険料の未納分がある場合は?

国保の脱退手続き時に保険の未納分がある場合は、脱退手続きの際に清算することなります。ただ、「未納分の一括払いは無理!」という方もいると思います。


一度に清算することができない場合は、分割払い(金額や期間)の相談をすることができます。


分割払い用の納付書は、後日郵送で送ってもらうことができるので、手続きの際に職員の方に相談するようにしてください。


(引っ越しで市区町村が変わった場合でも新しい住所宛てに未納分の請求書が送られてきます。)

私は過去に国保を滞納した経験がありますが、そのときの相談内容についてこちらの記事でまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

国保:引っ越しするときの住所変更手続き、保険料を滞納している場合は?

最後に

今回は、国民健康保険の脱退手続きについてまとめてみましたが、注意する点は、やはり「期間内に忘れず手続きをすること」ですね。


職員の方の話では、実際に会社の健康保険と国民健康保険を2重で支払っていた例もあるそうなので、注意してくださいね。

もし、2重で支払っていた場合は、手続きをすることで払い過ぎた保険料を返金(還付)してもらうことができます。

手続き方法は、こちらの記事にまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。
国保の脱退忘れ!二重払いした保険料の返金手続きと還付までの期間を確認


スポンサーリンク