今年(2019年)のGWは、5月1日が「1年限りの祝日」となったことで、土日も含めると最大10連休になるという方もいると思いますが、中には、この連休中に引っ越しなどを予定していて、市区役所・町村役場の窓口で手続きが必要!という方もいると思います。

そこで今回は、2019年GWゴールデンウィーク中の市区役所・町村役場の開設日についてまとめてみましたので、よろしければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

2019年ゴールデンウィーク中の窓口開設日を確認

2019年 GW中の市区町村窓口

まず、2019年のGWゴールデンウィークを下のカレンダーで確認しておきましょう。

2019GWカレンダー


4月

27日(土)
28日(日)
29日(月)昭和の日
30日(火)国民の休日(祝日に挟まれているため休日)


5月

1日(水)新天皇即位の日
2日(木)国民の休日(祝日に挟まれているため休日)
3日(金)憲法記念日
4日(土)みどりの日
5日(日)子どもの日
6日(月)振替休日


このように、2019年のGWは4月27日(土)~5月6日(月)まで最大10連休となっています。


通常、市区役所・町村役場の窓口開設日は月曜~金曜日となりますが、年末年始や祝日はお休みとなりますので、今年のGW(4月27日~5月6日まで)は、窓口業務もお休みとなります。


ただし、市区町村によっては、10連休中も一部の業務を受付けている場合があります。


例えば、東京都目黒区の場合は、4/27、4/28、5/5の3日間のみ10:00~16:30で総合庁舎と行政サービス窓口で住民票と印鑑証明書の発行を受付けています。


また、品川区では日曜(4/28、5/5)は、引っ越し(転出、転入など)の手続きも受付けています。


このように、地域によっては、手続きを受付けている場合がありますので、お住まいの市区町村窓口またはHPで確認するようにしてください。


では、GWゴールデンウィーク前の窓口開設日を確認していきましょう。

スポンサーリンク

4月最後の窓口開設日

2019年4月最後の窓口開設日は4月26日(金)までです。

2019年4月GWカレンダー


続いて、GWゴールデンウィーク明けの窓口開設日を確認していきましょう。

5月最初の窓口開設日

2019年5月最初の窓口開設日は、5月7日(火)からです。

2019年5月GWカレンダー

この連休中に引っ越しを予定している方もいると思いますが、転出届は引っ越し日の1ヶ月前から受付けているところもあります。


また、転入届は「転出届に記載した転出予定日から14日以内に提出する」ことになっていますので、引っ越し前の手続き(転出届)だけ連休前に済ませて、引っ越し後の手続き(転入届)は連休明けに行えばスムーズに手続きができると思います。

(※早めに転出届を提出する場合、転出予定日を引っ越し先で転入届を提出する日の14日以内に設定するようにしてくださいね。)

最後に

その他、市区町村で運営・管理している施設のお休み期間については、各市区町村のホームページに掲載されることになっていますので、そちらを確認してみてください。

スポンサーリンク