2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックですが「ボランティアとして参加したい!」と、思っている方も多いと思います。(実は私もです。)

そこで今回は、2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックのボラティアについて、活動内容募集条件募集期間など、オリンピック・パラリンピック組織委員会に問い合わせて確認したことをまとめてみましたので、良かったら参考にしてみてください。

※2018年12月21日17:00でボランティアの応募は終了しました。

スポンサーリンク

ボランティアの種類と活動内容

東京オリンピックボランティア
東京2020オリンピック・パラリンピックのボランティアは、オリンピック・パラリンピック組織委員会が運営する「大会ボランティア」と、都道府県が運営する「都市ボランティア」の2種類あります。


まずは、この2つのボラティアは何が違うのか?それぞれの活動内容から確認していきましょう。

大会ボランティアの活動内容

オリンピック・パラリンピック組織委員会が運営する「大会ボランティア」の活動内容は競技会場や選手村など大会関係施設で競技運営のサポートや各国から訪れたメディアをサポートするなど、大会を身近に感じることができる活動内容になっています。


ボランティアの種類と主な活動内容をまとめてみました。



<ボランティアの種類と主な活動内容>

案内

会場内で観客や関係者の誘導やチケットチェック、セキュリティチェックなどのサポート


運営サポート

・競技会場、選手村の運営サポート

・会場でスタッフの受付や管理をサポート

・スタッフやボランティアに対してユニフォーム配付

・大会関係者向けのIDの発行(会場や空港など)

・大会を取材する日本や海外メディアの取材活動をサポート

・会場や選手村などに運び込まれる物品の管理や整理

・選手村やメディアセンターで、各国から来る選手団やメディア、その他関係者が利用する物品の貸し出しをサポート

・選手、観客等にゴミの分別方法を案内する


競技

・競技会場で競技役員などの指示のもと、競技の進行補助、アスリートのサポートなど競技運営をサポート


移動サポート

・大会関係者や選手が会場を移動するときの運転ドライバー


アテンド

・空港や会場で各国から訪れる海外要人等へのおもてなし

・各国から訪れる選手団に対するおもてなし

・選手・メディア・大会関係者に対して外国語でコミュニケーションをサポート

「アテンド」は、外国語でのコミュニケーション能力が求められる分野ですね^^


ヘルスケア

・ドーピング検査実施時の検査員のサポート

・観客や関係者などに急病やケガ人が出たときの医療サポート

「ヘルスケア」は、医師や看護師さんが活躍できる分野ですね^^


テクノロジー

・通信機器などの貸出や回収などをサポート

・競技会場内で競技結果の入力や表示を行う


メディア

・国内外のメディアが快適に取材ができるよう記者会見の準備や運営をサポート

・東京大会の記録用写真や動画の編集サポート

・選手村の新聞制作のサポート


式典

表彰式の際の選手や関係者の案内、メダル・記念品などの管理サポート


各分野の募集人数が発表されましたので、こちらの記事にまとめました。
東京オリンピック・ボランティアの募集人数は?各分野の募集人数を確認

都市ボランティアの活動内容

続いて、都道府県(東京都)が運営する都市ボランティアの活動内容を確認していきましょう。


都市ボランティアの活動内容は、以下の①②です。


①空港、主要ターミナル駅、観光地等に設置するブースにおいて、選手・大会関係者や、国内外からの旅行者に対する観光・交通案内。


②競技会場の最寄駅周辺で観客への案内など。


観客の道案内や外国人観光客の案内サポートが中心ですね。


その他、大会ボランティアや都市ボランティア以外にも、大会中に全国各地で観光案内などのボランティア活動できるような取り組みが検討されています。

それでは、「大会ボランティア」と「都市ボランティア」の募集条件や応募方法などについて、確認していきましょう。

スポンサーリンク

大会ボランティアの募集内容

ここからは、大会ボランティアの「募集条件」・「募集人数」・「応募方法」・「応募期間」・「スケジュール」をまとめていますので、順番に確認していきましょう。

募集条件

ここでは、「大会ボランティア」の募集条件をまとめています。

  • 2002年4月1日以前に生まれた方
  • 日本国籍を有する方、または日本に滞在する在留資格を有する方
  • 東京2020組織委員会が指定する全ての研修に参加可能な方
  • 大会期間中&大会期間前後に、10日以上活動できる方(※)



※シフトなどによっては、10日を下回る場合があります。

『大会ボランティアの活動期間と1日の活動時間』についての記事を追加しましたので、よろしければこちらの記事も参考にしてみてください。
オリンピックの大会ボランティアは最低何日から?活動期間と日数を確認

また、次のような人は、大会ボランティアとして積極的な参加が求められています。

  • オリンピック・パラリンピック競技に関する基本的な知識がある方
  • スポーツボランティア経験をはじめとするボランティア経験がある方
  • 英語やその他言語のスキルを活かしたい方



やはり、語学力やボランティア経験のある方が優先されそうですね。

Check!
大会ボランティア、都市ボランティア以外でも「障がいのある方」や「児童や生徒」「大学生」「働く世代・子育て世代」もボランティア活動に参加しやすい仕組みが検討されています。

募集人数

2012年のロンドン大会では、「大会ボランティア」に約24万人の応募があり、選考の結果、大会ボランティア約7万人が参加しました。


2016年のリオ大会では、大会ボランティアには約5万人、シティホスト(都市ボランティア役として雇用された人)は約1,700人でした。


2020年の東京大会では、80,000人の大会ボランティアを募集することが決まりました!


<2018年9月20日追記>
交通費を補助する名目として活動1日あたり1,000円分のプリペイドカードが支給されることになりました。



<2018/11/13追記>
大会ボランティアの応募数は、10/5 AM10:00の時点で31,982人となっています。


募集期間

「大会ボランティア」の募集期間は、次の通りとなっています。

一次募集期間 2018年9月26日~12月上旬
二次募集期間 ※現在のところ未定です

応募方法

大会ボランティアの応募は、「東京2020大会ボランティア公式サイト・応募登録」で始まっています!

私も大会ボランティアの応募を検討していますが、私は会社員のため、今から2年後の休みを取ることができません。

そこで、「とりあえず応募をしておいて、スケジュールの調整ができなければキャンセルはできるのか?」大会ボランティア運営事務局に電話で確認してみました!

オリンピック大会ボランティア「とりあえず応募」はできるか?聞いてみた!


大会ボランティアのスケジュール

①2018年9月26日:一次募集スタート!


②2018年12月上旬:一次募集締切


③2019年1月~7月:オリエンテーションのお知らせ通知(書類選考)


④2019年2月~:オリエンテーション(面接・説明会など)


⑤2019年9月~:研修のお知らせ


⑥2019年10月~:共通研修


⑦2020年3月~:役割・会場(採用)通知


⑧2020年4月~:役割別・リーダーシップ研修


⑨2020年5月~:ユニフォーム配布


⑨2020年6月~:会場別研修


この中で私が気になったのは、研修期間ボランティア活動期間です。


「共通研修」は、決められた期間内で1回参加すればよいことになっていますが、「役割・会場別研修」の期間は今のところ未定です。


また、大会ボランティアの活動期間は10日以上ということで、このまま決定すると、私のような会社勤めの人間には、気軽に応募できそうにないです。

「面接・説明会」の場所や日程、各研修の内容や日程について、現段階で発表されている内容をまとめてみましので、こちらの記事もあわせて参考にしてみてください。
▶ 2020東京オリンピック<大会ボランティア>応募マニュアル!

では次に、都市ボランティアの募集内容を確認していきましょう。

スポンサーリンク

都市ボランティアの募集内容

ここからは、都市ボランティア(東京都)の「募集条件」・「募集人数」・「応募方法」・「応募期間」・「スケジュール」をまとめていますので、順番に確認していきましょう。

募集条件

ここでは、「都市ボランティア」の募集条件をまとめています。

  • 2002年4月1日以前に生まれた方
  • 都が指定するボランティア研修に全て参加できる方
  • 日本国籍を持っている方、または日本に居住する資格を有する方
  • オリンピック・パラリンピック期間を通じて、5日以上(1日5時間程度)活動できる方



また、次のような人は、都市ボランティアとして積極的な参加が求められています。

  • 東京の観光、交通案内等に関する知識やスキル・経験を活かしたい方
  • 防災・防犯・救命救急等に関する知識を活かしたい方
  • 英語やその他言語のスキルを活かしたい方

「都市ボランティア」の活動期間が発表されましたので、こちらの記事を追加しました!よろしければ参考にしてみてください。
東京オリンピック「都市ボランティア」の活動期間と参加日数を確認!
Check!
大会ボランティア、都市ボランティアの以外にも「障がいのある方」や「児童や生徒」「大学生」「働く世代・子育て世代」もボランティア活動に参加しやすい仕組みが検討されています。


募集人数

都市ボランティアは約20,000人募集することになっています。

(2019年に開催されるラグビーワールドカップに参加するボランティアや東京観光都市ボランティア10,000人を入れると、ボランティアの人数は約30,000人となります。)

募集期間

都市ボランティアの募集期間は、今年(2018年)9月26日~12月5日正午までとなっています。


応募方法

都市ボランティア(東京都)の応募方法は、ネット・FAX・郵送の3つの応募方法があります。

全国の都市ボランティアは一般財団法人日本財団ボランティアサポートセンターHPにある「全国の都市ボランティアはこちらから」で確認することができます。



ネットで応募する場合
東京ボランティアナビの応募フォームから、応募することができます。


FAXで応募する場合

申込用紙に必要事項を記入し、下記のFAX番号へ送信してください。

申込用紙はこちらからダウンロードすることができます。⇒東京2020大会 都市ボランティア申込用紙

【FAX送付先】

FAX:03-6271-9078

東京2020大会都市ボランティア募集事務局



郵送で応募する場合

申込用紙に必要事項を記入し下記の事務局へ、郵送してください。

申込用紙はこちらからダウンロードすることができます。⇒東京2020大会 都市ボランティア申込用紙

【郵送送付先】

〒105-8335
東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング12階

「東京2020大会 都市ボランティア募集事務局」宛

(※切手が必要です。)


都市ボランティアのスケジュール

都市ボランティアのスケジュールをまとめてみました。

①2018年9月26日:応募スタート!


②2018年12月5日正午:募集締切(書類選考)


③2019年1月:面談・説明会等の案内通知


④2019年2月~:面接・説明会


⑤2019年9月:共通研修者の決定通知


⑥2019年10月~2020年2月頃:共通研修


⑦2020年3月:都市ボランティア採用通知


⑧2020年4月~:役割別・リーダーシップ研修


⑨2020年6月~:ユニフォーム配布、会場別・配置場所別研修


最後に

内閣府が平成27年度に実施した「東京オリンピック・パラリンピックに関する世論調査」では、東京オリンピック・パラリンピックでのボランティア活動へ「参加したい」という回答が全体の22.7%(都区部では41.5%)でした。


理由については、「活動に参加する時間がない」というのが半数以上を占めています。確かに「大会ボランティアの10日以上」「都市ボランティアの5日以上」は、気軽に参加できる条件ではないですよね。


その他、ボランティア活動は交通費や宿泊費も実費となりますので「経済的な負担が大きい」という理由で、参加したくても参加できないという方も多いようです。


スポンサーリンク